2022.8.22

リノベーション事例に学ぶ、照明・ライトの種類と使い方

 

お家をリノベーションするにあたって、照明・ライト選びがとても重要なことをご存知ですか?

 

本日は、リノベーションの事例を見ながら照明・ライトの種類と使い方を学んでいきましょう♪

 

 

照明でお部屋の印象はガラリと変わります!

 

 

例えば、オフィスの会議室のように蛍光灯で明るく照らされている空間と、バーカウンターのように暗めの照明がピンポイントで使われている空間では、室内の雰囲気は全然違いますよね?

 

照明の①色合い当て方明るさで、部屋の印象はかなり変わってきます。

 

うまく照明の種類を使い分けることで、お部屋を自分の理想の雰囲気に近づけることができるので、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう☆

 

 

 

①シーリングライト

 

天井に直接取り付けるタイプの照明です。

広い範囲を照らすのに適しているので、リビングなどのメイン照明によく使われています。

光の当たり方が単調になるので、明るさにメリハリをつけたい時には不向きです。

 

 

②ダウンライト

 

天井に埋め込まれたライトのことを言います。

天井がフラットなのでスッキリしていて、空間が広く見えるのがメリットです。

お部屋のデザインを邪魔しないので、スタイリッシュな雰囲気に仕上げたい時にオススメです♪

 

 

③スポットライト&ブラケットライト

 

スポットライト(写真右)は、空間の一部分だけを照らしたい時に使われるライトです。

キッチンで手元を照らしたい時や、ディスプレイした小物を目立たせたい時などにオススメ!

 

ブラケットライト(写真左)は、壁や柱に取り付けるライトで、これもスポットライトと役割が似ています。光の放ち方が独特でデザイン性が高いので、おしゃれな空間を演出したい時にピッタリです♪

 

 

④ペンダントライト

 

天井からコードで吊るされたライトのことを言います。

低い位置に光が当たるので、写真のようにダイニングに設置すると、テーブルの上の料理が美味しそうに見える効果があります♪

 

 

⑤ダクトレール

 

レール付きの照明器具で、レールの範囲内で好きな場所にライトを移動させることができます。

ライティングレールとも呼ばれていて、ペンダントライトやスポットライトと組み合わせて使います。

工具なしでライトを追加することもできて便利!お部屋の模様替えを頻繁にしたい人、お部屋をドラマティックに演出したい人にオススメです。

 

 

照明の効果的な使い方について、詳しくは以下のコラムでもご紹介しています。

 

ただ明るくするだけじゃない!照明の効果的な使い方とは?

 

ぜひ参考にしてください♪

 

 

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中