re-proceeddesign.com
2023.10.5

【2023年版】秋らしいお部屋をつくる模様替えのポイントを解説

猛暑の夏も去り、涼しく過ごしやすい日が増えてきましたね♪

そろそろ、お部屋を秋っぽく模様替えしたくなる頃ではありませんか?

 

季節感を出しつつ、トレンドも押さえたオシャレなインテリアをつくるには、どうすればいいでしょうか。ポイントをまとめました!

 

2023年秋のオススメは“遊び心”のあるカラー使い

 

2023年秋のインテリア界で注目されているカラーは、以下の5色です。

 

■ 鮮やかなマゼンダ系レッド

■ 太陽や木々を彷彿とさせるイエロー&グリーン

■ ブラックに限りなく近いナス色&チョコ色

■ 温もりのあるティラミス系ブラウン

■ ちょっぴりモーヴを含んだピンクベージュ

 

パッと華やぐレッドやイエロー、グリーン、ただの黒よりもニュアンスのあるナスのような濃いバイオレット、チョコレートブラウンを差し色にして、意外性や遊び心を持たせるのがトレンドとなっています☆

 

また、アウトドアや自然をイメージさせるナチュラル系カラーも昨年から引き続き流行中ですが、今年はブラウンやベージュにピンク・モーブ系を混ぜ合わせた、まろやかで優しい雰囲気のカラーが多く使用されています。温かみが出るので、秋っぽいインテリアをつくるのにピッタリですね♪

 

これを踏まえて、秋仕様のお部屋をつくっていきましょう!

 

秋の模様替えポイント(1)色のバランスを取る

 

上に挙げたトレンドカラーの中から、秋らしい暖色系の色を差し色にチョイスして季節感を出していきます。

 

この際、注目すべきはベースカラーと差し色のバランスです。ポイントは…

 

☆明るいベースカラー×落ち着いた差し色

☆暗いベースカラー×華やかな差し色

 

例えば、お部屋のベースカラーが明るいベージュや白の場合、差し色も鮮やかな色にするとポップになり過ぎて秋らしい落ち着きがなくなってしまいます。

 

 

そのため、ベースカラーが明るい色の場合は、差し色はレッド系やイエロー系の中でも少しくすみ感のあるカラーを選ぶのが正解です♪

 

逆にベースカラーがダークブラウンやグレーなど暗めの色の場合は、差し色は鮮やかに。彼岸花のようなレッドや、イチョウ並木のようなイエローなどが似合います。

 

一からカラーコーディネートを組み立てるのは難しいですが、今のお部屋の壁や床の色を基調として考えていくとうまくいきますよ♪

 

秋の模様替えポイント(2)素材で温もりをプラス

 

お部屋の配色が決まったら、次は素材選びです。

 

ラグやクッション、カーテン、スリッパなどのファブリックアイテムを温かみのある素材に変えると、秋らしい雰囲気が高まります♪オススメの素材はこちら!

■ コーデュロイ

■ ウール

■ フェルト

■ ベロア

■ ムートン

手触りが心地よくてホッコリする素材を選ぶと、これから寒くなってもお部屋の中では暖かく過ごすことができます。

 

秋の模様替えポイント(3)アイテムから秋を感じる

 

模様替えの仕上げに、秋っぽいアイテムをお部屋の各所に飾りましょう。例えば、以下のような小物はいかがでしょう?

 

■ 松ぼっくり

■ カボチャ(ハロウィーンのジャック・オ・ランタン)

■ モミジ

■ ススキ

■ ドライフラワー

■ キャンドル

 

収納棚やダイニングテーブルの上にアイテムを置いたり、これらをモチーフにした絵を飾ったりすると“オータム感”が増します♪

 

福岡で模様替え用のインテリア雑貨を探すなら、スタッフのオススメはBiViの1階にある「KARE」というお店です。トレンドアイテムが多く揃っているので、見て回るだけでも楽しいですよ!

 

「模様替えしやすいお部屋にリノベーションしたい!」と思われた方は、ぜひ以下よりお問い合わせください♪

 

▼ご相談予約

https://re-proceeddesign.com/inquriy_reserve/

 

 

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中