re-proceeddesign.com
2024.1.9

戸建てのフルリノベーションにかかる費用相場はいくら?施工内容ごとの価格やメンテナンス時期について紹介

 

今まで住んでいた、安く購入した中古戸建てをリノベーションする事例が増えています。

 

リノベーションをすることで古くなった住まいを新築同様に一新でき、新築物件を購入したり、建て替えるよりも費用を抑えられます。

 

また、間取り変更や新しい設備を設置することで、家族構成やライフスタイルに合わせた快適に暮らせる住まいを実現できるでしょう。

 

今回は戸建てのリノベーションにかかる費用やメンテナンスの時期について紹介します。

 

フルリノベーションとは?

 

フルリノベーションとは、基礎部分だけを残して住まい全体を新しくすることを指します。

 

デザインを変えたり、劣化した箇所を修復するだけでなく、間取り変更や新しい設備を設置することで快適に暮らせる住まいを実現できます。

 

ただし、建築基準法の範囲内でリノベーションを行わなければならないため、面積を広げたり、階数を増やす工事はできない可能性が高いため注意が必要です。

 

戸建てのフルリノベーションにかかる費用相場

 

戸建てをフルリノベーションした場合にかかる費用は、一坪あたり20万〜70万円が相場です。

 

そのため総額1,000万円以上かかると考えておくと良いでしょう。

 

ここからは、フルリノベーション費用の内訳を場所別に紹介します。

 

リビング

リビングのリノベーションで行われる一般的な施工内容は、クロスや床材の張り替えです。

 

また、隣接する空き部屋との壁を取り除き、リビングを拡張する大規模なリノベーションを行う場合もあります。

 

クロスの張り替え 約6万〜8万円
床材の張り替え 約10万〜30万円
リビング拡張 約40万〜90万円

 

リビングのリノベーションにかかる費用は広さや選んだ素材によって異なります。

 

約15万〜150万円を見込んでおくと良いでしょう。

 

間取り変更

家族構成やライフスタイルに合わせて空間を仕切る壁を取り除き、間取り変更する事例が増えています。

 

大規模な工事が必要ですが、間取り変更をすることで暮らしやすい住まいを実現することができるので、人気のリノベーションです。

 

間仕切り壁の撤去 約10万〜25万円
間仕切り壁の設置 約10万〜25万円

 

間仕切り壁を撤去する場合も、新たに設置する場合も、間取り変更にかかる費用はおおよそ同じ金額です。

 

元々の間取りからどのくらい変更するかによって総額が変わるため、大胆に間取り変更する場合は200万円以上かかることもあります。

 

和室から洋室への変更

昔ながらの日本家屋には和室の部屋があることが多いですが、現代の生活に適応させるために和室を洋室に変更する事例はとても多いです。

 

反対に、和モダンなテイストの住まいに作り変えるために、洋室をあえて和室に変更する人もいます。

 

部屋のタイプを変更する場合のリノベーション費用は約25万〜100万円が相場です。

 

水回り

キッチンやバスルーム、トイレなど水回りは毎日使用する場所のため、劣化しやすいとされています。

 

水回りのリノベーションにかかる費用は以下の通りです。

キッチンの交換 約50万〜100万円
ユニットバスの交換 約50万〜150万円
トイレの交換 約15万〜50万円
洗面所の交換 約10万〜50万円

 

あくまで水回り設備を新しく変えた場合のリノベーション費用のため、壁紙や床材、ドアの取り替えなどを行った場合はさらに費用がかかる可能性もあります。

 

外壁や屋根の塗装

マンションをリノベーションする際は、管理規約による制限で専用スペースのみに限られますが、戸建てをリノベーションする場合は、建物全体をリノベーションすることができます。

 

外壁や屋根は雨や太陽光の影響を直接受けるため劣化がしやすく、定期的なメンテナンスが必要です。

 

大きな損傷がない場合は、塗装を施すのが一般的に行われるリノベーション方法で、外壁や屋根の塗装にかかる費用は以下の通りです。

 

外壁塗装 約80万〜140万円
屋根塗装 約25万〜65万円

 

外観の塗装にかかる費用は面積によって大きく変動します。

 

また、劣化状況によっては、外壁の修復や屋根の葺き替えが必要なため、さらに費用は高額になるでしょう。

 

おすすめのメンテナンス時期

 

住宅は築年数が経つにつれて劣化していくため、定期的なメンテナンスが必要になります。

 

工事はまとめて行うことで、費用を抑えることにも繋がるため、メンテナンス時期と比較してリノベーションする箇所を考えましょう。

 

築年数 メンテナンス内容
築5〜10年 ●壁紙や天井のクロス張り替え

●カーペットやクッションフロアの交換

●畳の裏返しまたは表替え

築10〜20年 ●床材やフローリング材の交換

●畳の新調

●水回り設備の交換

●給湯器の交換

●外壁や屋根の塗装

築20〜30年 ●内装全体の一新

●外壁や屋根のリフォーム

 

ただし、定期的にメンテナンスをしている場合は、メンテナンスの目安時期を過ぎていてもすぐには工事は不要でしょう。

 

戸建てをリノベーションするメリット

ここからは戸建てをリノベーションするメリットについて確認していきましょう。

 

理想の住まいを実現できる

戸建てのリノベーションは、マンションをリノベーションするときのように施工内容を制限されることがないため、建築基準法の範囲内であれば自由に作り変えることができます。

 

そのため、外観や内装といったデザインだけでなく、新しい設備を取り付けたり、家族構成やライフスタイルに合わせて間取り変更をすることも可能です。

 

買い替えや建て替えよりも費用がかからない

現在住んでいる自宅が古くなったときの選択肢としては、リノベーション以外にも買い替えや建て替えなどが考えられます。

 

しかし、他の選択肢と比べてリノベーションは費用を抑えられるメリットがあります。

 

また、買い替えをする場合は、慣れ親しんだ場所を手放し、新しい場所で生活をしなければなりません。

 

リノベーションをすることで、費用を抑えて住まいを新しくできるだけでなく、現在の生活拠点のまま快適に暮らせるでしょう。

 

戸建てをリノベーションするデメリット

 

戸建てをリノベーションするメリットがある一方でデメリットもあります。

 

リノベーションをした後に後悔しないためにも、デメリットも確認しておきましょう。

 

高額な費用がかかる可能性がある

リノベーションは費用を抑えて住まいを一新できるメリットがありますが、使用する建材の種類や取り付ける設備のグレードによっては費用が高額になってしまう可能性があります。

 

そのため、不必要な工事は行わないように優先順位をつけると良いでしょう。

 

また、リノベーションにかかる費用は依頼するリノベーション会社によっても変わるため、見積もりは1社からだけでなく、複社からもらい比較することをおすすめします。

 

希望通りの工事ができない可能性がある

戸建てをリノベーションする際は、建築基準法や地域ごとに定められている都市計画法に基づいて設計しなければなりません。

 

そのため、3階建ての住まいを希望していても、法律の範囲に収まっていない場合は実現できないため注意が必要です。

 

また、自宅やこれから購入予定の戸建が建てられた当時の法律から改正されている可能性は高く、「同じ広さにできない」「同じ階数にできない」などの弊害があるでしょう。

 

リノベーション会社に相談をした上で、リノベーションを行うか、新しい住まいに買い替える必要があるか判断してください。

 

補助金を上手に活用して費用を抑える

 

リノベーションの費用を抑えるポイントとして、補助金の活用が挙げられます。

 

補助金制度は各自治体で定められており、耐震補強工事・バリアフリー化、省エネ化などの条件を満たすリノベーションを行うことで、費用の一部を支援してくれます。

 

ただし、申込み期限が決まっていたり、精度の予算が上限に達し次第終了となるため、自治体のホームページなどでどのような補助金制度があるか確認をして、利用したい補助金制度が見つかれば早めに工事を行いましょう。

 

まとめ

今回は中古戸建てのリノベーションにかかる費用について紹介しました。

 

費用の相場は一坪あたり20万〜70万円が相場で、フルリノベーションを行う場合は1,000万円以上かかると考えておくと良いでしょう。

 

住み替えや建て替えをするよりも費用は安いですが、施工内容や使用する建材、新設する設備のグレードによっては高額な費用がかかる可能性もあります。

 

中古戸建てのリノベーションを検討している方は本記事をぜひ参考にしてください。

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中