re-proceeddesign.com
2023.7.31

中古マンションのリノベーションにかかる費用相場は?物件購入価格や施工事例についても紹介!

不動産価格が高騰している現代では、新築物件をマイホームとして購入することが難しくなってきています。

 

そこで注目を集めているのが、中古マンションを購入してリノベーションをする方法です。

 

中古マンションのリノベーションは費用の相場を理解して、補助金などの優遇制度を利用することで新築物件を購入するよりもはるかに安い費用でマイホームを手に入れることができます。

 

今回は中古マンションを購入してリノベーションを検討している方に向けて、リノベーションの費用相場や物件購入価格、施工事例について紹介していきます。

 

リノベーションにかかる費用相場

リノベーション費用は新築物件を購入するよりも費用を抑えることができますが、決して安い金額の買い物ではありません。

 

費用相場を知っておくことは予算を決める上でもとても大切なため、まずはリノベーションにかかる費用相場を確認していきましょう。

 

マンションリノベーション費用

マンションの平均的なリノベーション費用は1㎡当たり10万円〜15万円が相場となります。

 

つまり、一般的なファミリータイプマンションの広さである80㎡の物件であれば、800万円〜1,200万円程度と考えておくのが良いでしょう。

 

ただし、マンションには専有部分と共用部分があり、共用部分はリノベーションをすることができないため、専有部分の面積だけで費用を算出してください。

 

また、中古マンションの全国平均価格は1888万円です。

 

中古マンションを購入するための費用も予算に必ず含めて検討しておきましょう。

 

戸建てリノベーション費用

新築注文住宅は約4,000万円、分譲戸建ては約3,800万円が費用相場となっています。

 

一方、中古戸建ての費用相場は約2,400万円です。

 

さらに中古戸建てのリノベーションにかかる費用は1㎡当たり30万円〜150万円がかかります。

 

物件の購入価格だけで比べると中古物件の方が安く購入できますが、リノベーションの内容によっては、新築物件と変わらない金額となってしまう可能性があります。

 

中古戸建てをリノベーションしたいと考えている方は、自分が想定している費用よりも高くなってしまわないように、あらかじめリノベーションのプランを決めておくと良いでしょう。

 

プランの選び方で相場よりも費用を抑えられる

マンションと戸建てそれぞれの費用相場について前述しましたが、「予想していたよりも高い」と感じた方もいるのではないでしょうか?

 

しかし、リノベーションのプランによっては相場よりも費用を安く抑えられる場合があります。

 

・定額リノベーション

・自由設計型リノベーション

 

以上の主なプランを選んだ際に費用を抑えるポイントについて紹介します。

 

定額リノベーションの場合

定額リノベーションとは、施工内容によって「1㎡あたり何万円」と金額が決められており、施工内容の範囲でプランを選びます。

 

定額リノベーションは多くのリノベーション会社で採用されているプランで、施工事例を見ながら設計していきます。

 

金額を事前に決めるため、費用が予算を大きく超えてしまうことがありません。

 

自由設計型リノベーションの場合

定額リノベーションとは異なり、自由設計型リノベーションは1からデザインを決めることができるオーダーメイドタイプのリノベーションです。

 

こだわりを詰め込んでしまうと費用は高くなってしまいますが、希望条件を絞り込み比較することで費用を安くすることができます。

 

ただし、リノベーションの選択肢が多いため、施工内容を決めるまでに時間がかかってしまうでしょう。

 

【費用別】リノベーション事例を紹介

ここからはリノベーション事例を費用別で紹介していきます。

 

800万円台でリノベーションした事例

800万円台でリノベーションを行ったこちらの事例は、愛猫との暮らしを豊かにするこだわりの詰まった住まいを実現しています。

 

また、LDK部分にはアイコンとなる梁を活かしたキャットウォークがあり、白と木目調を合わせたシンプルなデザインとなっています。

 

猫の抜け毛を簡単に掃除できるように段差を無くす設計がされているため、ロボット掃除機も広範囲を掃除することができるでしょう。

 

1,000万円台でリノベーションした事例

1,000万円台でリノベーションされたこちらの事例は、「ナチュラル」と「インダストリアル」なテイストに仕上げられています。

 

壁や扉でスペースを区切ることを極力取り入れず、段差や床材の種類を変えることで空間を分けているのが特徴です。

 

また、心地よい温かみのある空間になる様、無垢のフローリングを使用しています。

 

1,200万円台でリノベーションした事例

白×ネイビー×オーク×グリーンで明るくも落ち着いた印象に仕上げられたこちらの事例は、1,200万円台をかけてリノベーションされました。

光が降り注ぐ大きな窓を利用した「インナーバルコニー」が特徴で、水がこぼれても良い様に機能性の高い床材を採用しています。

また、キッチンはサブウェイタイルを壁に張り付けることで、アメリカの地下鉄風なおしゃれなスペースに仕上げています。

 

リノベーションを成功させるためのポイント

ここからはリノベーションを成功させるためのポイントについて解説していきます。

 

リノベーションを始める前に以下の3つを押さえておきましょう。

 

・リノベーションの進め方を把握する

・事例を見て完成後のイメージを膨らませる

・信頼できる会社に依頼をする

 

リノベーションの流れを把握する

リノベーションを進める際は全体の流れを把握しましょう。

 

まずは予算を決めなければ、物件探しやリノベーションのプランを決めることができません。

 

また、ローンを組んで購入資金を調達する場合は、物件を購入する際にリノベーションの見積もりももらっておく必要があります。

 

途中の工程でつまずいてしまうと全体の流れがストップするため、リノベーション会社に相談をして、一緒に進めることをおすすめします。

 

事例を見て完成後のイメージを膨らませる

リノベーションは理想の住まいに近づけるために、プランを自由に設計することができますが、内装やデザインのかっこ良さだけで選ぶのではなく、暮らしやすさや設備も意識しましょう。

 

例えば、部屋の広さを確保するために収納スペースを少なくしてしまうと、物が散らかってしまいます。

 

リノベーション後に後悔をしないためにも、事例を参考に完成後のイメージを膨らませてください。

 

信頼できる会社に依頼をする

リノベーションを成功させるためには信頼できるリノベーション会社を選ぶことがとても重要です。

 

自分が希望するリノベーションを実現することができるのか、施工実績を見せてもらいましょう。

 

また、丁寧な対応をしてくれる担当者であれば、自分の希望をしっかりと理解してくれるため、失敗する可能性は低くなるでしょう。

 

リノベーションにかかる費用を抑えるコツ

リノベーションにかかる費用を抑えるためにはこれから紹介するコツを押さえておきましょう。

 

簡単なリノベーションはDIYをする

リノベーションをプランニングしているとついついこだわりを詰め込みすぎて、費用が大きくなってしまうことがあります。

 

もちろん、リノベーションを専門の会社に依頼した方が良い箇所もありますが、簡単な棚の設置などDIYできる箇所は自分で行うことで費用をさらに抑えることができるでしょう。

 

ただし、専門会社に依頼した工事と比べてクオリティーは下がってしまうことは理解しておかなければなりません。

 

補助金や減税制度を利用する

リノベーションをする場合、各自治体の補助金や減税制度を利用することができます。

 

リノベーションの予算が超えてしまっていたとしても、これらの制度を利用することで埋め合わせできるでしょう。

 

ただし、制度の予算や人数の上限に達してしまうと終了してしまうので、早めの申請をおすすめします。

 

まとめ

本記事ではリノベーションの費用相場や物件購入価格、施工事例について紹介してきした。

 

中古マンションを購入して間取り変更など大規模なリノベーションをしようとすると、費用が高額になってしまうため、希望条件に優先順位をつけましょう。

 

また、施工事例を見て、適切なプランを選ぶことで費用を安く抑えることができます。

 

どのくらいの費用がかかるか不安という方は、リノベーション会社に無料で相談できるので、一度費用の目安や仮の計画で情報や見積もりをもらってみてはいかがでしょうか。

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中