re-proceeddesign.com
2023.7.27

中古マンションのリノベーションは1,000万円台でどのくらいできる?施工事例についても紹介!

近年は費用を抑えて理想の住まいが手に入るとして、中古マンションのリノベーションが注目を集めています。

 

しかし、マイホームは人生に一度の大きな買い物とも言われるため、初めての住宅購入で分からないことも多いのではないでしょうか。

 

「1,000万円以下のリノベーションはどんなことができる?」

「費用を抑えてリノベーションをしたい」

 

このようなことを思っている方のために、今回はリノベーションにかかる費用や予算の決め方、1,000万円台でできるリノベーションについて紹介していきます。

 

リノベーションを検討している方は、本記事を参考に適切な予算設定をしましょう。

 

中古マンションのリノベーションにかかる費用は?

注文住宅を購入するよりも安い費用で理想の住まいを実現できる中古マンションのリノベーションですが、一体どのくらいの費用がかかるのか知らない方も多いのではないでしょうか。

 

施工会社によっても変動しますが、中古マンションをスケルトンリノベーションしたときにかかる費用は1㎡あたり、15〜20万円です。

 

つまり、ファミリータイプの2LDKや3LDKで平均的な広さ70㎡の物件をリノベーションした場合、1050〜1400万円程度がかかります。

 

ただし、スケルトンリノベーションは躯体部分を残し、住まい全体を造り変えるリノベーション方法なので、比較的費用が高額になります。

 

希望条件が少なく、部分的なリノベーションをする場合は1,000万円以下で工事をすることも可能でしょう。

 

1,000万円台の中古マンションリノベーション事例

ここからは1,000万円台でできる中古マンションのリノベーション事例について紹介していきます。

 

家族のシンプルライフを叶える家

子育てファーストで家族の動線を考慮した暮らしやすさと住みやすさがコンセプトのこちらの住まいは1LDKを2LDK + WTCに大規模な間取り変更を行っています。

 

お部屋のテイストとしては、「北欧」「ナチュラル」「カフェ風」に仕上げ、家族全員が楽しく、そして明るく暮らせる心地よい住まいを実現しています。

 

費用も1,000万円台とリノベーションの工事内容に対しては比較的安い金額です。

 

空間と明かりを贅沢に操るこだわりの家

躯体表しで天井はより高く、色・素材をうまくまとめることで、西海岸のような空間に仕上げています。

 

また、床材は玄関から一繋ぎのヘリンボーンにすることによって、空間がどこまでも続いているように見えます。

 

こちらの事例もリノベーション費用は1,000万円台です。

 

愛猫と暮らす家

4LDKを2LDK+Sの間取りに変更したこちらの住まいはペット可な物件のため、愛猫想いなやさしさがあふれるリノベーションを実現しています。

 

LDK部分は梁を活かしたキャットウォークがアイコンとなっていて、床はフルフラットなため「猫の抜け毛」掃除も楽になります。

 

「白×木×開放感」でつくる憧れの海外の家

料理をする音が部屋全体のBGMになりそうなアイランドキッチンが特徴のLDKは、ステンレス×ブリックタイルで憧れの海外のお家のようにリノベーションしています。

 

また、白い天井に黒いライティングレールを敷くことで空間を引き締めています。

 

こちらの事例はこだわりの詰まったおしゃれな事例ですが、リノベーションにかかった費用は1,000万円以下です。

 

リノベーションの予算を決める手順

1,000万円台でできるリノベーションの事例について紹介してきましたが、ここからは予算を決める手順について解説していきます。

 

リノベーションをプランニングする上で予算を決めることはとても重要で、条件の優先順位がつけやすくなります。

 

また、中古マンションをリノベーションする際は、物件を購入するための費用もかかるため、全体の予算を決めておかなければ後から予算オーバーとなってしまい一から考え直さなければならなくなるでしょう。

 

リノベーションを検討している方は必ず以下の手順であらかじめ予算を決めて、プランを立ててください。

 

物件取得にかけることができる予算の上限を決める

まずは、中古マンションの物件購入とリノベーションにかけることができる予算の上限を決めましょう。

 

住宅購入は高額な費用が必要なため、ローンを利用する方も多いと思います。

 

その場合は、自己資金とは別に毎月の返済額と返済期間を決めておきましょう。

 

ただし、ローンの返済額は借入金に利息が上乗せされているため、返済額=物件取得にかけられる費用ではないことは理解しておく必要があります。

 

自分に合った返済額が分からないという方はFP(ファイナンシャルプランナー)に相談をしてみるのもおすすめです。

 

中古マンションを探す

物件取得にかける全体の予算が決まれば、購入する中古マンションを探しましょう。

 

物件情報サイトに希望条件を入力し、掲載されている中から選ぶのが一般的な方法です。

 

中古マンションは新築物件と比べて流通量が多いため、エリアや築年数など自分の条件に合った物件が見つけやすくなります。

 

また、物件の設備は15年ほどで劣化が見られ交換が必要になるため、築20年以上の物件はリノベーションをすでに行っている物件もあります。

 

補助金などの優遇制度を調べる

国は増えつづけている既存住宅をリノベーションして再利用することを推進しているため、様々な補助金を用意しています。

 

また、国だけでなく、各都道府県や市町村単位でも補助金の制度を設けている場合があります。

 

補助金制度を利用することで工事にかかる費用を安く抑えることができるため、1,000万円台でも十分に理想の住まいを実現することが可能です。

 

ただし、補助金制度には予算の上限が決められているため、上限に達してしまえば突然終了してしまいます。

 

利用することができる補助金などの優遇制度をあらかじめ調べおき、余裕を持って計画を進めることをおすすめします。

 

補助金などの情報についてはリノベーション業者に聞くことで詳しく教えてもらえるため、一度相談をしてみるのも良いでしょう。

 

リノベーションの優先順位を決める

中古マンションを購入してリノベーションを検討している方のほとんどが、全てを一新したいと考えているのではないでしょうか。

 

しかし、予算には限りがあるため、リノベーションする箇所に優先順位をつける必要があります。

 

まずはリノベーションしたい箇所や工事内容を全てリストアップして優先順位をつけてください。

 

優先順位をつけておくと、リノベーション会社と打ち合わせをするときにスムーズに話しを進めることができるでしょう。

 

見積りをもらう

リノベーションのプランが決まれば、リノベーション会社に見積りをもらうようにしましょう。

 

ただし、プランや見積りは会社によって異なります。

 

1つの会社だけに依頼をするのではなく、複数社に見積りを依頼することをおすすめします。

 

また、リノベーション会社の中には悪徳業者も存在するため注意が必要です。

 

悪徳業者にリノベーションの依頼をしてしまった場合、高額な工事費用を請求されたり、完成後の住まいの品質が悪いなどのトラブルに発展してしまうでしょう。

 

このような事態も複数社と打ち合わせをして見積りをもらうことで回避することができます。

 

まとめ

リノベーションを検討するときに一番気になるのが費用だと思いますが、1,000万円台でも十分に自分の理想通りの住まいを実現することができます。 

 

また、補助金などの優遇制度を利用することで、さらに費用を抑えることも可能です。

 

ただし、駅の近さや部屋の広さ、デザインなど、こだわりを詰め込み過ぎてしまうと予算を超えてしまう場合もあるため注意が必要です。

 

リノベーションのプランを立てる際は、希望条件に優先順位をつけて予算に合わせて線引きしましょう。

 

1,000万円台でリノベーションを済ませたいと考えている方は、今回紹介した施工事例などを参考にしてみてください。

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中