re-proceeddesign.com
2023.7.2

土間で叶えるアウトドアグッズの収納アイデア

 

先日、あるスタッフがこう呟いていました。

 

「最近、キャンプを始めたんだけど、キャンプ道具って使った後に乾かしたり風を通したりしないといけないから、広い土間があると便利なんだよね。

自宅の土間、もう少し広くつくっておけばよかった…」

 

そうなんです。

戸建ての場合はお庭などでアウトドアグッズのメンテナンスをすることができますが、マンションで同じことをする場合、室内に泥のついた道具を持ち込むのは気が引けますし、共用の廊下に置いておくこともできないので、置き場に困ってしまうんですよね。

 

そんな時に重宝するのが、やっぱり土間!

当社のお客さまも、玄関に広い土間を希望される方が多いんです♪

 

広い土間のメリット・デメリット

 

土間は、屋内でありながら外のように土足で入ることのできる「半分外、半分内」な空間です。

そのため、こんなメリットがあります☆

 

○傘やレインコートなど濡れた物を置ける

○自転車やベビーカーなど大きな物も収納できる

○外出時、帰宅時の物の出し入れが楽♪

○アウトドアグッズ、ゴルフグッズなど泥の付きやすい物も気兼ねなく置ける

○DIYなどの作業場としても活用できる

○絵の具を使ったお絵かきなど、汚れやすい遊びも楽しめる!

 

一方で、こんなデメリットも…

 

×土間を広く取る分、生活スペースが狭くなる

×土足で出入りするので床材が劣化しやすい

×泥が溜まるのでお掃除に手間がかかる

 

あまり用途を思いつかない場合はあえて広い土間をつくる必要はないでしょう。でも、後から土間を広げようとすると大掛かりな工事が必要になりますから、某スタッフのように後悔しないためには(笑)、事前にサイズをよく検討しておきましょう。

 

広い土間とアウトドア

 

広い土間にアウトドアグッズを格好よく収納するためのアイデアは、こちら♪

 

1.有孔ボードを上手に活用

 

 

棚にフタ付きのボックスを入れて、道具をすっきりと整頓。壁は有孔ボードを採用しているので、お気に入りのレインコートやバッグ、ランプを掛けて収納できます。

 

2.ディスプレイして「見せる」収納

 

 

お気に入りのシューズやグッズを吊るして、インテリアの一部にするのも良し☆小さなテーブルとチェアをおけば、ちょっとした作業も楽にできます♪

 

3.土間でアウトドア気分を味わう!

 

土間を収納としてだけではなく、アウトドアを楽しむ場として活用するのもアリですよ。

 

 

 

例えば、土間でガーデニング♪室内だと泥がこぼれるのが気になりますが、土間なら育てやすいですね!

 

 

土間に自転車を「収納」するのではなく、ここで「走らせる」という斬新なアイデアも!専用のローラー台やセンサーを用意してパソコンと繋げば、山道などの映像を見ながらバーチャルサイクリングが楽しめます♪雨の日もジムに行かずにトレーニングできて便利です。

 

 

広い土間のあるお家は他にもいろいろあります♪

ぜひ以下の事例集をご覧ください!

 

https://re-proceeddesign.com/works/ 

 

 

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中