re-proceeddesign.com
2023.7.17

リノベーションのプランニング前にショールームを見学しよう!見学時のポイントを徹底解説

リノベーションした後の住宅をイメージすることができる「リノベーションショールーム」をご存じでしょうか?

 

ショールームと聞くと、住宅展示場やキッチン・ユニットバスなどの住宅設備の展示を思い浮かべるかもしれませんが、リノベーションショールームは事前にリノベーションに関する知識やイメージを持ってもらうためのショールームです。

 

本記事では、リノベーションショールームを見学するメリットや見学時のポイントについて解説します。

 

「リノベーションを検討しているけど、プランのイメージが湧かない」という方は、ぜひ参考にしてください。

 

リノベーションショールームとは?

リノベーションショールームとは、リノベーションの施工例などを写真ではなく、実物で確認することができる展示場のことを言います。

 

リノベーションの施工事例は写真を見ただけでは分からない部分も多いため、ショールームへ足を運ぶことで、より詳しく把握することができます。

 

特に広さや素材の質感はショールームへ足を運ぶことで、具体的にイメージをすることができるので、工事が終わった後にイメージと違ったとなる可能性が低くなるでしょう。

 

また、リノベーションは住宅設備の交換なども行う場合があるため、キッチンやユニットバスなどの用品も展示している場合があります。

 

ショールームを見学する6つのメリット

まずは、リノベーションショールームを見学するメリットについて6つ紹介します。

 

メリット①:リノベーションで何ができるか知ることができる

リノベーションショールームでは実際にリノベーションされた住宅を見ながら、何をすることができるのか担当者から説明があるので、リノベーションに関する基本的な知識を知ることができます。

 

初めて住宅購入をする方は何から始めれば良いか分からない方も多いので、ショールームで情報を収集することをおすすめします。

 

また、リノベーションで実現できることを把握できるだけでなく、どのくらいの費用がかかるか担当者から教えてもらうことができるので、今後のプランニングや予算を決めることにも役立ちます。

 

メリット②:おしゃれなデザインのイメージがしやすくなる

施工事例の写真やカタログからもリノベーションデザインのイメージを掴むことができますが、ショールームで直接見ることで、よりイメージがしやすくなるメリットがあります。

 

また、素材を触って質感を確かめることもできるため、リノベーションにこだわりたい方はショールームへ見学に行くことをおすすめします。

 

特に間取り変更を考えている方は写真からはイメージしづらい広さを感じることができるので、ショールームを活用してください。

 

メリット③:住宅設備の機能を体験できる

リノベーションは壁紙や床材を変えて、住まいのデザインを一新するだけでなく、キッチンやユニットバスなどの住宅設備を新しいものに交換することもできます。

 

リノベーションショールームには様々な住宅設備も置いてあるため、実際に使い勝手も確認できるのがメリットです。

 

例えば、キッチンであれば収納スペースの多さやキッチンカウンターの高さなど写真やカタログでは分からない部分を確認しましょう。

 

メリット④:リノベーションに関する不安を解消することができる

ショールームには、リノベーションの専門家がいるため、気になることは気軽に質問することができます。

 

初めてリノベーションをする場合、分からないことも多く、不安に感じることも多いでしょう。

 

分からないことをそのままにしてしまうと、リノベーションをした後に後悔をしてしまうため、専門家に相談をして事前に不安を解消することをおすすめします。

 

メリット⑤:予算のイメージがつく

ショールームでは、実際にリノベーションした住宅を確認することができるだけでなく、過去の施工実績などを写真で見ることができます。

 

そして、過去のリノベーションでかかった大まかな費用を教えてもらうことができるので、予算を決めるのに役立てることができるでしょう。

 

リノベーションは工事の内容によって大きく費用が変動するため、条件の整理ができていないとプランを立てた後に予算オーバーとなってしまうことがよく起こります。

 

気になった施工事例は費用も確認し、メモに残しておきましょう。

 

メリット⑥:信頼できる業者を見つけることができる

リノベーションは依頼する業者によって仕上がりの品質が異なるため、信頼できる業者を探すことが重要です。

 

ショールームの担当者に質問をした際に明確な回答をもらえない、自社の特徴だけを説明してくる場合には注意した方がよいでしょう。

 

リノベーションのプランは何度も業者と打ち合わせをして計画していくため、こちらの希望を叶えてもらえない可能性があります。

 

リノベーションショールームを見学する時のポイント

リノベーションショールームを見学するメリットについて前述しましたが、ここからは見学する時のポイントについて解説します。

 

ポイントを事前に抑えて見学することで、ショールームで得た知識や情報をその後に活かすことができます。

 

特に重要な以下のポイントは必ず抑えておきましょう。

 

1.自宅や購入予定の物件の図面を用意する

2.住宅設備の使い勝手を確認する

3.メモや写真を残す

4.実際の生活をイメージして見学する

5.気になったことは必ず質問する

6.事前に見学の予約をとる

 

自宅や購入予定の物件の図面を用意する

ショールームへ行く際は、自宅や購入予定の物件の図面を用意するようにしましょう。

 

図面を用意しておくことで、ショールームにある設備の高さや幅を測り、サイズを照らし合わせることができます。

 

また、図面があることで設備の配置や間取り変更をした際の広さもショールームと比較してイメージがつきやすくなります。

 

そして、図面から住まいの広さが分かれば、大まかなリノベーションにかかる費用を教えてもらえるでしょう。

 

住宅設備の使い勝手を確認する

ショールームでは、リビングの雰囲気を体感するだけでなく、キッチンやユニットバスなどの設備を使ってみることができ、設備が自分に合うものか確認することができます。

 

実際に手に触れて体感することで、生活をよりイメージすることができるでしょう。

 

ただし、展示のために扉が固定されていたりする場合もあるため、案内をしている担当者に触って確認をしてよいか、必ず確認をしてください。

 

メモや写真を残す

リノベーションショールームで得た情報は、その後のプランニングにおいて重要になるため、記録に残しておくとよいでしょう。

 

仮に情報が頭の中に入っていたとしても、リノベーションのプランが進んでいくことで忘れてしまう可能性があります。

 

メモ帳を手元に用意しておけば、大事な情報はすぐにメモすることができます。

 

また、写真撮影をしてよいショールームであればスマートフォンで写真を撮り、記録として残しておきましょう。

 

実際の生活をイメージして見学する

ショールームの見学をする時は自分のライフスタイルをイメージして照らし合わせるようにしてください。

 

特に家事をする時の動線や収納スペースなどは必ず確認しておかなければならないポイントです。

 

時間に余裕があれば、起床から就寝までの行動を一度シミュレーションしてみるとよいでしょう。

 

より具体的に生活をイメージすることができると、リノベーションをした後に想像と違ったと感じる可能性が低くなるでしょう。

 

気になったことは必ず質問する

ショールームを見ていて気になることがあれば、担当者に質問をしましょう。

 

質問をすることで不安が解消され、納得してリノベーションを進めることができます。

 

また、質問への対応を見ることで、その会社が信頼できるかを確認することもできるでしょう。

 

事前に見学の予約をとる

リノベーションショールームの見学は予約制をとっているところが多いため、事前に予約をしてからショールームへ行くようにしましょう。

 

予約をせずにショールームへ行くと、十分な時間見学をすることができなかったり、質問をすることができない可能性もあります。

 

まとめ

今回はリノベーションショールームを見学するメリットや見学時のポイントについて解説してきました。

 

ショールームの見学を活用することでリノベーションのイメージを膨らますことができるだけでなく、基本的な情報を収集することができます。

 

リノベーションのプランが決められない方は、物件の購入を検討しているエリアにあるショールームを探して、一度見学に行ってみてはいかがでしょうか。

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中