re-proceeddesign.com
2023.6.22

福岡でリノベーション済み賃貸マンションや物件を探すのに知っておきたいポイント

福岡で賃貸の部屋を探しているけど、たくさんあって絞れない。
福岡で快適に暮らせる物件を見つけるコツを紹介します。
賃貸物件は期間限定で利用されることが多いです。
お部屋にはいくつかのタイプがあります。1ldkや2ldkといったタイプの特徴も合わせて確認しておきましょう。

 

間取りタイプの特徴

玄関を入り、生活する空間。空間のつくりには間取りがあります。
間取りによって暮らしの快適さは異なります。
一人住まいや家族での住まい、住む人数によって快適に過ごせる間取りは異なります。1dkや2ldk、3ldkなどいろいろあります。
間取りの特徴に注目してみましょう。

 

1dkの特徴

間取りのタイプを表す、LやD、Kは何を表しているのでしょうか。Living Room、 Dining Room、 Kitchenの略です。
現代は洋室が増え、間取りはLDKと表現されることが多くなっています。
特徴を確認しておきましょう。

 

部屋の間取り

1つのリビング兼ダイニングスペース、一つの寝室、キッチンがあるタイプの間取りです。一人暮らしに適した広さであり、独立した寝室を持つことができるため、プライバシーを確保できます。

 

コンパクトなサイズ

比較的小さな面積を持っています。手入れが容易で掃除もしやすく、生活の維持管理が比較的簡単です。
一人暮らしに必要な必需品や家具を配置するのに適しています。

 

リーズナブルな価格

一人暮らし向けの住居として比較的リーズナブルな価格帯に位置しています。賃貸物件としても多く見つけることができ、初めての一人暮らしや予算の制約がある場合にオススメです。

 

日常生活の利便性

一人分の生活に必要な設備や家電が一通り揃っていることが多いです。キッチンがあり、調理や食事の準備がしやすく、また、洗濯機やバスルームなども備わっています。

 

個人のプライベートスペース

寝室は通常、リビングスペースから独立しているため、睡眠や個人の時間を確保することができ、他の部屋との境界が明確になります。
開放的なワンルーム。リノベーションでおしゃれなデザイナーズルームに変更することができます。

 

 

 

1LDKの特徴

先に説明した1DKに、リビングのスペースが加わっています。

 

広さ

一部屋のリビングルーム、ダイニングルーム、キッチン、そして1つの寝室があることを示します。一般的に、1LDKの広さは40〜50平方メートル程度です。

 

プライバシー

個別の寝室があるため、リビングスペースと寝室が区切られています。居住者は寝室で個人的なプライバシーを確保することができます。

 

間取りの柔軟性

比較的コンパクトな間取りでありながら、リビングスペースが広めに設計されています。特徴は、家具の配置やインテリアのスタイルに加えて柔軟性です。

 

シングルやカップル向け

シングルの方やカップルが暮らすのに適した間取りです。寝室が1つあるため、一人暮らしやカップルでの生活に十分なスペースを提供します。

 

賃料

エリアや立地条件によって異なりますが、一般的には広さや立地に比べて比較的リーズナブルな価格帯に設定されていることが多いです。

間取りは一般的な指標であり、実際の物件によっては微妙な違いがある場合もあります。物件を探す際には、具体的な間取り図や説明を確認しましょう。

 

 

2ldkの特徴

最後に2ldkの特徴も確認ておきましょう。

 

間取り

2つの個別の寝室と、リビングルームとダイニングキッチンが組み合わさったレイアウトです。寝室は通常、大きさや形状には個別の違いがあります。

 

プライバシー

一般的に家族やシェアメイトに適しています。寝室が独立しているため、各部屋にはプライバシーが保たれます。

 

家族向け

小さな家族やカップルにとって理想的な選択肢とされています。寝室が複数あるため、子供がいる場合や将来の家族拡大を考慮した場合にも適しています。

 

エリアの利用

リビングルームとダイニングキッチンは、日常の生活や家族や友人との交流の中心となる場所です。ゆとりのある広さがあり、家具や家電製品を配置するのに十分なスペースがあります。

 

収納スペース

クローゼットや収納スペースが備わっています。寝室やリビングルームには、衣類やその他の物品を整理するためのスペースがあります。不動産サイトや物件チラシを見ていると、WICという表記もあります。Walk-in Closetの略。大容量の収納スペースです。

 

 

賃貸物件

2LDKは、日本の賃貸物件の一般的な間取りとしてもよく見られます。都市部では、賃貸住宅として利用されることが多いです。

 

賃貸マンションでもリノベーション可能なことも

賃貸物件というと、退去する際は現状維持で返すことが必要と思われがちですが、実は賃貸物件でもリノベーションやリフォーム、DIY可能なお部屋が増えています。ウェブ サイト でも検索することができます。
お部屋のオーナーによってリノベーション可能かは、異なります。
契約の際に、しっかりと確認する必要があります。リノベーション可能な範囲も細かく決まっている物件もあるので確認しましょう。

お子さまの成長とともに間取りを変更したい。便利なのがリノベーション可能な賃貸物件です。

 

賃貸マンションのリノベーション事例

賃貸マンションをリノベーションすることは、入居者にとって快適な生活空間を提供するだけでなく、所有者にとっても投資価値を高めることができる素晴らしい機会です。以下に、実際の賃貸マンションのリノベーション事例をいくつかご紹介します。

 

レイアウト変更と内装リフォーム

既存の賃貸マンションの間取りや内装を変更し、より魅力的な空間を作り出すことがあります。壁を撤去してオープンなキッチンとリビングスペースを作ったり、収納スペースを増やしたりすることが考えられます。
床や壁紙の張り替え、照明のアップグレード、キッチンやバスルームの改修なども一般的なリフォーム事例です。

 

エネルギー効率の向上

環境への配慮やランニングコストの削減を目的として、エネルギー効率の向上を図るリノベーションも人気です。高効率な給湯器やエアコンの導入、断熱性の向上、太陽光発電システムの設置などが考えられます。入居者は光熱費の節約や快適な室温環境を受けることが可能です。

 

共有スペースの改修

賃貸マンションには共有スペースがあり、スペースの改修も重要なポイントです。エントランスや廊下のリフォーム、共用のランドリールームや自転車置き場の整備などがあります。入居者同士の交流を促進し、共有スペースをより魅力的な場所にすることが可能です。

賃貸マンションのリノベーションにはさまざまなアプローチがあります。具体的なリノベーションプランは、物件の状態やオーナーの目的、予算などに応じて検討されるべきです。

 

最優先は水回りのリノベーション

賃貸物件でも古くて不便を感じることもあります。水回りも長く使用していると故障しやすくなっている可能性も。
水回りは頻繁に使用するからこそ、新しくすることで、暮らしは快適になります。

不便を感じたら、オーナーに相談してみると良いです。リノベーション費用はオーナーが支払う範囲なのか、借りている側が支払うのか、確認しましょう。

 

不動産である賃貸マンションをリノベーションする

オーナーの立場なら、所有している不動産、例えばマンションをリノベーションしてから賃貸で貸し出すのがオススメです。
リノベーションすることで需要が高まります。借りる立場のニーズに合わせて賃貸不動産を整備する必要があります。

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中