re-proceeddesign.com
2023.6.19

福岡で賃貸リノベーション済みワンルームを検索する前に知ってきたいこと

ワンルームを探しているけど、どんなお部屋にしようか迷っていませんか。

1dkや1ldkワンルームといっても一言では片付きません。ワンルームは進化し、さらなる快適な暮らしを提供しています。一人暮らしを快適にし、ファミリー世帯にも選ばれています。

ワンルームのリノベーション事例を紹介します。これからマイホーム購入や住み替え、買い替えをご検討中の方に参考になる内容です。ぜひ参考にしてみてください。

 

ワンルームのリノベーション事例

ワンルームはスペースが他の間取りに比べ狭いのが特徴です。有効性や機能性が求められます。

紹介するリノベーション事例には、住まいづくりのヒントになるアイデアが詰まっているんです。

 

オープンスペース化

ワンルームのスペースを最大限に活用するために、壁を取り払いオープンスペースにする方法があります。リビングエリア、ダイニングエリア、キッチンを一つの大きなスペースに統合することで、広々とした感覚を生み出すことが可能です。

 

スリムな収納

ワンルームでは収納スペースが限られていることが多いため、スリムな収納を活用することが重要です。壁面に取り付けることができるスリムな棚やキャビネット、ベッドの下に引き出しをつけるなどの工夫があります。

 

天井の高さを生かす

ワンルームの天井が高い場合、ロフトやメゾネットのようなスペースを作ることができます。寝室や収納スペースとして使うことで、床面積を有効活用することが可能です。

 

マルチファンクション家具

ワンルームではスペースを有効活用するために、マルチファンクション家具を利用することがオススメです。

折りたたみ式のダイニングテーブルやソファベッド、収納付きのテレビスタンドなどがあります。

 

カラフルなアクセント

ワンルームの空間にカラフルなアクセントを取り入れることで、一味違った雰囲気を作ることができます。

壁に色とりどりの絵画を飾ったり、カラフルなクッションやカーテンを使ったりすることで、個性的な空間を演出することが可能です。お好みにあったものを選びましょう。

 

ワンルームに重要なのは機能性

ワンルームの機能性とは、限られたスペースの中で最大限の機能を備えた住空間のことを指します。リビングルーム、寝室、キッチン、ダイニングエリアなど、通常複数の部屋が独立している一般的な住宅とは異なり、全ての機能が一つの空間内に統合されています。

 

ワンルームの機能性を高める要素を紹介します。

 

マルチファンクションスペース

ワンルームでは、空間を効果的に利用するために、複数の機能を一つのスペースで実現する必要があります。折りたたみ式の家具や収納スペースを活用することで、リビングエリアを寝室に変えることも可能です。

 

収納スペース

限られたスペースを最大限に活用するために、効果的な収納スペースが必要です。壁面や天井の高い場所を利用した棚やキャビネット、引き出しを設けることで、生活必需品や物品を整理整頓することができます。

 

プライバシーと区切り

ワンルーム内でのプライバシーを確保するために、適切な仕切りや間仕切りを考慮する必要があります。パーテーションやカーテンを使用して、寝室エリアを他のスペースから区切ることも可能です。

 

良好な照明と通風

ワンルーム内での照明と通風は重要です。自然光を最大限に取り入れるために、大きな窓や明るいカラースキームを採用することが有効です。また、人工照明も適切に配置することで、機能的で快適な環境を作り出せます。風通しの良さもポイントです。

 

効率的なキッチンとバスルーム

ワンルームの機能性を高めるためには、キッチンとバスルームの設備が効率的で使いやすいことが重要です。コンパクトながら機能的なキッチンスペースや、必要な設備を備えたバスルームが効果的。

 

デザイナーズマンションは人気

デザイナーズワンルームは、デザインにこだわりを持った小規模な住居の1つです。特徴を確認してみましょう。

 

独自のデザイン

デザイナーが個性やセンスを活かして設計されています。独創的で斬新なデザインや配色、インテリアなどが特徴です。一般的なアパートやマンションのようなスタンダードなデザインではなく、個性的な空間が求められます。

 

高品質な素材

デザイナーズワンルームでは、建材や仕上げにこだわりがあります。高品質な素材が使用され、内装や家具などの細部にもこだわったデザインです。上質な材料やデザインによって、快適さや高級感を演出します。

 

機能性と効率性

限られたスペースを最大限に活用するように設計されています。スマートな収納スペースやマルチファンクションの家具などが導入され、スペースの有効活用と使い勝手の良さといった機能性と効率性が両立した設計が特徴です。

 

オープンプラン

リビングエリア、キッチン、寝室などが一体となった開放的な空間構成が特徴であり、広々とした印象を与えます。

 

個性的なアクセント

特徴的な照明器具、カラフルな壁紙、独創的なアート作品など、個性的なアクセントが取り入れられることがあります。魅力的でユニークな雰囲気や表現が生まれます。

 

デザイナーズマンションは、個性と快適さがポイントです。

 

中古ワンルームを購入してリノベーションする

中古のワンルームをリノベーションすることは、古い建物を新しく改装し、新たなスタイルや機能を追加する素晴らしい方法です。住まいを快適さにこだわりたい方にオススメなのは、中古物件を購入し、1からリノベーションすることです。

リノベーションするための一般的な手順を紹介します。

 

プランニングとデザイン

どのようなスタイルや機能を持つリノベーションにしたいのか、明確なビジョンを持つことが重要です。間取りや内装、カラースキーム、設備などを検討し、プランを作成します。リノベーション専門家のアドバイスを受けることをオススメします。

 

建築許可と規制

リノベーションには、地域の建築規制や許可が必要な場合があります。必要な許可や手続きを確認し、遵守するようにしましょう。

 

解体とクリーンアップ

リノベーション前に、必要な場合は古い壁や床、設備などを解体します。解体後にはクリーンアップを行い、建物内をきれいにしましょう。

 

基本的な構造の改善

壁や天井、床などの基本的な構造を修復・改善する必要があるかもしれません。経年劣化や損傷した箇所を修理し、必要な補強を行います。

 

配管と配線の更新

リノベーションでは、古い配管や配線を新しいものに更新することが一般的です。水道や電気工事などを専門家に依頼し、安全かつ効率的な設備を整えます。

 

内装仕上げ

壁や床、天井の仕上げを行います。塗装やクロス張り、フローリングの施工など、選んだデザインに合わせて内装を仕上げます。

 

キッチン・バスルームの設置

ワンルームのリノベーションでは、キッチンやバスルームの設置が重要です。予算やスペースに合わせて、機能的で美しい設備を選びましょう。

 

収納スペースの機能性

室内で意外とスペースが必要なのが収納です。収納スペースの機能性を高めることは重要です。

 

ワンルームは機能性がポイント

福岡には駅周辺に徒歩 圏内に賃貸物件が多くあります。ワンルームの広さを有効に活用するためのリノベーション事例を紹介しました。

快適なお部屋を提供してくれるリノベーション済みワンルーム探しにお役立てください。

快適さや希望の条件にこだわるなら、中古のワンルームを購入してリノベーションするのもオススメです。

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中