re-proceeddesign.com
2023.6.15

お風呂・浴室のリフォームにかかる費用はどのくらい?気になる費用相場や施工事例をご紹介!

浴室は築年数が10年を過ぎるとリフォームをした方が良いと言われていますが、リフォームの施工にかかる費用はどのくらいかかるのか知らない方も多いのではないでしょうか?

 

リフォームにかかる費用は施工内容や取り付けるユニットバスの価格によっても大きく変動するため予算に合わせて検討することが大切です。

 

今回はお風呂や浴室のリフォームを考えている方に向けて、リフォームにかかる費用相場や施工事例について紹介します。

 

実際の施工事例を見ることで突然のリフォームでも費用に困ることなく、スムーズにリフォームをすることができるのであらかじめ確認をしておきましょう。

 

お風呂・浴室のリフォームにかかる費用

ここからはお風呂・浴室のリフォームにかかる費用について紹介します。

 

浴室のリフォームには基本的な工事費用とオプション追加にかかる費用があります。

 

オプションの追加を考えている方は、希望通りのリフォームをした場合の総額はいくらになるのか紹介する内容を参考に把握しておきましょう。

 

リフォームにかかる費用の相場

お風呂・浴室のリフォームにかかる費用の相場は60万円〜120万円です。

 

しかし、リフォームの施工内容は1つだけではなく、形状や劣化状況により異なります。

 

それぞれの施工内容でかかる費用一覧は以下の通りです。

 

施工内容 費用相場
ユニットバスの購入 25万〜120万円
既存のユニットバスの解体・撤去 3万〜13万円
仮設工事(養生・搬入出) 1万〜3万円
基礎工事 2万〜7万円
配管工事・給排水 3万〜10万円
電気工事 3万〜6万円
ユニットバスの設置 8万〜10万円
入り口部分の修復工事 4万〜10万円
諸経費 5万〜8万円

 

ユニットバスを新規で購入して取り付ける場合は、製品のグレードによって大きく費用は変わるため、予算に合わせて選びましょう。

 

その他の基本的な工事については難易度などによって費用が変わります。

 

また、工事の費用には諸経費がかかり、工事費用の5%〜15%程度が一般的です。

 

オプションの追加にかかる費用

お風呂・浴室のリフォームをする際は、劣化した箇所を修復するだけでなく、機能を追加することもできます。

 

主なオプション追加の内容と費用は以下の通りです。

 

オプション内容 費用
手すり 4千〜2万円/1本
テレビ 5万〜20万円
浴室暖房乾燥機 15万〜40万円
ジェットバス 15万〜30万円
追い焚き機能 2万〜5万円

 

オプションは必ず付け足さなければならないものではありませんが、機能を追加することでその後の生活は快適になります。

 

マンションやアパートのオーナーであれば、これらの機能を追加することで住まいを探している入居者からの目に止まりやすくなるでしょう。

 

ユニットバスの素材別費用

ユニットバスの素材は1つだけではなく、FRPや人工大理石などの中から選ぶことができます。

 

同じ大きさのユニットバスでも素材によって費用は異なるため、素材別の費用を確認しておきましょう。

 

ユニットバスの素材 本体価格
FRP 1万〜35万円
人工大理石 アクリル系  :30万〜120万円

ポリエステル系:2万〜40万円

ホーロー 8万〜130万円
ステンレス 3万〜30万円

 

ユニットバスを購入する場所によって費用は異なります。

 

リフォームを依頼した会社から直接購入する場合は、リフォーム会社が大量に製品を仕入れていることもあり、相場よりも比較的安く購入することができます。

 

また、数年前の型落ち商品も安く購入することができるでしょう。

 

特にメーカーや素材にこだわりがない方は、本体価格が安い商品を紹介してもらうようにリフォーム会社に相談することをおすすめします。

 

お風呂をリフォームする際に注意すべきポイント

お風呂・浴室のリフォームにかかる費用について前述しましたが、リフォームをする際に注意すべきポイントについても理解しておきましょう。

 

注意点を抑えていないと、リフォームに失敗してしまう可能性もあるため注意しましょう。

 

リフォーム中のお風呂対策

リフォームの工期は当然ですが1日では完了しません。

 

そして、工事をしている期間はお風呂を使うことができません。

 

冬場の汗をかきづらい季節であれば、タオルで体を拭くなどして対策することができますが、夏場や工事が1週間以上も続く場合は別の対応が必要でしょう。

 

近くに銭湯などが無い地域に住んでいる方は、施工業者にお願いをして簡易シャワーを用意してもらうことも可能です。

 

しかし、簡易シャワーを用意した場合は数万円の費用が別途かかることも理解しておきましょう。

 

お風呂のリフォームはDIYでやらない

近年自宅のリフォームを自分で行うDIYが流行っていますが、お風呂もDIYできるのではないかと考えている方も多いのではないでしょうか?

 

DIYは業者に依頼をするよりも安い費用で行うことができますが、お風呂場は水道や電気周りを工事する場合もあるため、基本的には業者に依頼をするようにしましょう。

 

また、DIYで行ったリフォームは業者に依頼をした場合と比べて仕上がりの品質が落ちます。

 

DIYに失敗してしまうと余計な費用がかかってしまいます。

 

DIYをする場合は手すりの設置や棚の作成など簡易的なリフォームのみにしましょう。

 

ショールームでお風呂選びをする

ユニットバスを新たに購入することを検討している方は、ネットの情報だけで決めるのではなく、ショールームへ足を運び実物を直接見て確認することをおすすめします。

 

素材感やサイズなど実際に見ないと分からない部分は多く、ネットで注文をしてしまうと商品が届いてからイメージと違うと感じてしまう可能性もあるでしょう。

 

以下はユニットバスを販売している各メーカーの情報になります。

 

メーカー 特徴
TOTO ・省エネ性が高い

・リフォーム満足度No.1

リクシル ・オプションの種類が豊富

・費用を安く抑えられる

パナソニック ・浴槽の清掃が簡単にできる

・カビ対策の換気扇がついている

タカラスタンダード ・耐震対策がされている

・サイズオーダーができる

トクラス ・デザインが美しい

・浴槽の耐久性が高い

クリナップ ・手入れがしやすい

・寒い季節も快適に使える断熱性

ハウステック ・バリアフリー対策がされている

・狭い浴室にも対応している

ナスラック ・カラーや素材の種類が豊富

・掃除がしやすい素材を使用している

 

お風呂・浴室リフォーム事例

ここからは実際に行われたお風呂・浴室のリフォーム事例を3つ紹介します。

 

事例を見ることで、完成した浴室のイメージがつきやすくなり、どのくらいの費用がかかるのかが分かります。

 

ご自身がイメージする理想の浴室と比較しながら見ていきましょう。

 

事例①:ミニマルな清潔感あふれる浴室

 

こちらは築30年の物件の浴室をモノトーンで統一された浴室にリノベーションした事例です。

 

設備は最小限の棚のみとミニマルに仕上げ、浴室を広々使うことができます。

 

工事期間は13日でリフォームにかかった費用は162万円です。

 

事例②:カフェ風のレトロな浴室

 

築25年の物件の浴室をリフォームしたこちらの事例は、洗面コーナーの床をレトロな柄のクッションフロアに仕上げています。

 

また、浴室の壁面は木目調にすることで、全体がナチュラルな雰囲気となっています。

 

工事にかかった日数は7日間で、費用は93万円です。

 

事例③:高級感のある明るい浴室

 

築27年の物件の浴室をリフォームしたこちらの事例は窓を大きくし、陽の光が入りやすくすることで浴室全体が明るくなるように仕上げています。

 

また、全体を落ち着いた色合いにすることで高級感を演出しています。

 

工事にかかった日数は7日間で、費用は185万円です。

 

まとめ

今回はお風呂や浴室のリフォームを考えている方に向けて、リフォームにかかる費用相場や施工事例について紹介してきました。

 

浴室のリフォームの内容は多岐にわたり、電気や水道周りを工事する場合は大規模な工事が必要です。

 

また、ユニットバスを新しい商品に交換する場合は費用の総額が高額になる可能性もあります。

 

予算内収まるようにリフォームするためにも本記事の内容を参考に検討してください。

 

そして、工事をしている期間は当然ですが、お風呂に入ることができません。

 

リフォーム業者によっては簡易シャワーを用意してもらえる場合もあるため、相談を重ねてから最終的な依頼をすることをおすすめします。

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中