re-proceeddesign.com
2023.6.14

福岡|リノベーション向きと不向きな賃貸物件の違いとは?詳しく解説

最寄り駅から徒歩5分圏内のお部屋を検索している方、人気のあるリノベーション物件を条件に賃貸を探している方もいるでしょう。

そもそもリノベーションに向いている物件と不向きな物件の違いってなんでしょうか。違いを解説します。
暮らしにぴったりな物件やお部屋探しにお役立てください。

 

リノベーション向き物件とは?

​​リノベーションに向いている物件は、いくつかの要素を備えています。以下に、一般的にリノベーションに向いている物件の特徴をいくつか挙げます。

 

構造的な強度と安定性

リノベーションを行う際には、建物の基礎的な構造が強度と安定性を持っていることが重要です。崩れやすい構造や大規模な補強が必要な場合は、リノベーションがより困難になる可能性があります。

 

適切なスペースと配置

リノベーションに必要なスペースと配置を提供していることが望ましいです。リノベーションの目的に応じて、間取りや部屋の配置を変更できる余裕があるかどうかを確認しましょう。

 

潜在的な価値と魅力

リノベーションを行うことで、物件の価値や魅力を高めることができます。ポテンシャルのある物件は、リノベーション後に、より高い投資収益率を得る可能性も。

 

建物の歴史や特徴

古い建物や歴史的な価値を持つ物件は、リノベーションに適している場合があります。伝統的な要素を活かしながら現代的な設備やデザインを取り入れることで、魅力的な空間を生み出すことが可能です。

 

潜在的な問題の可視化

リノベーションを行う前に、物件に潜在的な問題がないかを確認することも重要です。電気配線や配管、結構な修理や更新が必要な箇所など、隠れた問題がある場合は、それに対処するための追加の作業や費用が必要になる可能性があります。

一般的な指標ですが、リノベーションの目的や予算によって異なる場合もあります。リノベーションを検討する物件を選ぶ際には、建物の状態や潜在的な改善点を評価をチェックしましょう。

具体的にリノベーションに向いている福岡県南区の物件をご紹介します。

https://re-proceeddesign.com/property/5079/

 

 

リノベーションに不向きな物件とは?

リノベーションに不向きな物件の特徴を解説します。

 

構造的な問題

物件が重大な構造的な問題を抱えている場合、リノベーションが困難になることがあります。たとえば、基礎や柱、屋根などの要素に深刻な損傷や劣化がある場合、大規模な修復や補強が必要になり、費用と時間がかかる可能性があるんです。

 

都市計画や法規制の制約

物件が都市計画や法的な制約を受けている場合、リノベーションが制限されることがあります。建築基準や建築規制、歴史的な建造物の保護などの要素が関与する場合、リノベーション計画が制約されることも。

 

レイアウトの制約

物件の現在のレイアウトや間取りが、望むリノベーションの計画に合わない場合、修正が必要になる可能性があります。

たとえば、壁の位置や構造的な制約によって、希望するオープンスペースの作成が難しいケースが生じます。

 

高いコスト

物件のリノベーションにかかる費用が、予算や投資収益性に見合わない場合、不向きとされることがあります。特に、大規模な改修や修繕が必要な場合、コストが高騰する可能性があるからです。

 

地理的な制約

物件が不利な地理的条件にある場合、リノベーションが制約されることがあります。たとえば、地盤の不安定性、洪水や地震のリスクが高い地域などでは、リノベーションによる改修が難しい場合があるので注意が必要です。

 

物件ごとに異なる要素があります。リノベーションを検討する際には、建築家や専門家のアドバイスを受けることが重要です。

 

リノベーション済み物件の特徴

リノベーション済み物件にはいくつかの特徴があります。一般的な特徴をご紹介します。

 

近代的なデザイン

リノベーション済み物件は、新しいデザインやモダンな要素が取り入れられています。古い建物がアップデートされ、現代のライフスタイルに合ったデザインやインテリアが施されています。

 

アップグレードされた設備

古くなった設備や設備が最新のものにアップグレードされます。例えば、新しいキッチンやバスルーム、エネルギー効率の高い電化製品などが設置されることがあります。

 

再配置された間取り

部屋の間取りが再配置されることがあります。より効率的な使い方や、オープンなスペースを作るために壁を取り払うなどの変更が可能です。快適な住空間を叶えてくれます。

 

高品質な素材の使用

高品質な素材が使用されることが一般的です。たとえば、床には木製のフローリングやタイルが使われ、キッチンやバスルームには耐久性のあるカウンタートップやタイルが使用されることがあります。ペットに優しい素材を素材を使用する事も可能です。

 

追加の設備や特典

リノベーション済み物件には、追加の設備や特典が付いている場合があります。例えば、共有スペースや設備、ジム、プール、屋上テラスなどの提供です。

 

歴史的価値

一部のリノベーション済み物件は、歴史的な建物を再利用しています。歴史的な価値や特徴が保持されつつ、現代の快適さと利便性を備えているんです。

リノベーションは古い建物を新たな魅力的な住空間に変えることができます。ただし、物件によってはリノベーションの内容や品質に差があるため、具体的な物件を検討する際には詳細な情報を得る必要があります。

 

リノベーションに向いている物件を探すコツ

リノベーションに向いている物件を探す際の参考になるコツを紹介します。

 

建物の構造と状態を確認する

リノベーションは、古い建物を改装するためのプロセスですが、建物の構造や基礎がしっかりしていることが重要です。建物の内部や外部の状態を注意深く調査し、修復や改善が必要な箇所を特定しましょう。

 

レイアウトと間取り

リノベーションでは、部屋の配置や間取りの変更が可能ですが、柱や梁の位置、配管や電気配線の配置など、変更が難しい要素に制約されることもあります。物件を選ぶ際には、将来のレイアウト変更に適しているかどうかを考慮しましょう。

 

場所と周辺環境

物件の場所や周辺環境も重要な要素です。交通の便や生活施設の近さ、治安の良さなどを考慮し、将来的な需要や投資価値を見極めることが大切です。

 

予算とリノベーションの目的

リノベーションの目的や予算を明確にしましょう。一部の修繕や内装の変更のみを希望する場合と、全体的な改装を行いたい場合とでは、物件の選択基準が異なる可能性があります。リノベーション会社に相談すると良いです。

 

プロフェッショナルの助言を得る

リノベーションには専門的な知識やスキルが必要です。不動産エージェントや建築士、インテリアデザイナーなどのプロフェッショナルからのアドバイスを得ることで、物件選びやリノベーション計画に役立ちます。

紹介したコツを念頭に置きながら、物件を探し、自身の目的や予算に合ったリノベーションプロジェクトを進めてください。

 

リノベーションに向いているか、リノベーション会社に確認

リノベーションを検討しているなら、専門の会社に相談することをおすすめします。リノベーション会社は、建物の現状を評価し、リノベーションの可能性やコストなどについてアドバイスをしてもらえます。専門知識と経験を持ち、ニーズに合った最適なリノベーションプランを作成可能です。

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中