re-proceeddesign.com
2023.6.7

【2023年版】リノベーションの相場はどのくらい?実例からみる費用の目安やローンの選び方について紹介!

新築の注文住宅よりも安く、自分好みの住まいを手に入れられるとして人気のリノベーションですが、費用の相場はどのくらいかかるか分からない方も多いと思います。

 

リノベーションにかかる費用は選ぶ素材や施工の難易度によって変わるため、予算に合わせて譲れない条件を決めることが大切です。

 

本記事ではリノベーションにかかる費用について実例をもとに紹介します。

 

また、リノベーションをする際にローンを利用する方も多いと思いますので、失敗しないローンの選び方も抑えておきましょう。

 

リノベーションとは

まずは、リノベーションに関する基本的な知識を解説しますので、確認しておきましょう。

 

リノベーションとリフォームの違いについて

リノベーションと聞くと、リフォームを思い浮かべる方もいるかと思います。

 

しかし、それぞれの意味は異なり、リノベーションは「改修」、リフォームは「修繕」を意味します。

 

リノベーション(改修) 設備の改善やデザインの刷新を行い新たな価値を生み出すこと
リフォーム(修繕) 劣化した住まいの内装や設備をもとの状態に戻すこと

 

リフォームと比べてリノベーションは物件を購入した直後に行うことが多く、大がかりな工事となる場合が多いです。

 

フルリノベーションとは

住まいの一部分だけをリノベーションするのではなく、全体を新しいものに刷新することをフルリノベーションといいます。

 

構造や規約に問題がない場合は、壁や柱を取り除き間取りの変更をすることも可能なため通常の工事よりも大規模になることが多いです。

 

フルリノベーションのメリットとしては、物件を1から自分好みの住まいに変えることができるため、理想の住まいを実現できるでしょう。

 

しかし、費用は高額となってしまうため、予算内に収まるようにリフォーム会社へ相談をすることをおすすめします。

 

リノベーションが新築よりも選ばれる理由

2023年現在、新築物件の価格が高騰していることもあり、自分の住まいの設備やデザインにこだわりたい方は中古マンションを探してリノベーションをする人が増えています。

 

また、新築で家を購入する際は、住みたいエリアの中で空いている土地はあるか、建設予定の物件はあるか情報を探す必要があります。

 

中古物件であれば比較的自由度が高く、高確率でお気に入りの物件を見つけることができるでしょう。

 

マンション・戸建てのリノベーションにかかる費用相場

ここからは実際にリノベーションをした際にかかる費用について解説します。

 

マンションと戸建てそれぞれの相場について確認していきましょう。

 

マンションリノベーションの場合

まず、新築分譲マンションと中古マンションの購入価格は、新築分譲マンションで平均5,700万円程度、中古マンションで平均3,900万円程度です。

 

この購入価格にさらにリノベーションの費用が上乗せされます。

 

中古マンションのリノベーション費用は1㎡あたり10万円が相場となり、リノベーションの内容にもよりますが約1,000万円程度かかるでしょう。

 

ただし、注意すべきポイントは対象となる面積が専有部分のみとなるため、バルコニーや玄関前の廊下は面積に含まれません。

 

また、物件購入時には諸費用がかかるのですが、新築分譲マンションの購入には仲介手数料が発生しないため諸費用は安く抑えられます。

 

つまり、物件の購入価格にリノベーション費用と諸費用を足した金額が総額となります。

 

戸建てリノベーションの場合

新築注文住宅を購入するための費用は平均4,100万円です。

 

さらにリノベーションを行う場合は1㎡あたり30万円〜100万円ほどがかかります。

 

マンションのリノベーション費用と比べて、対象となる箇所が広くなるためリノベーションの費用も高額になります。

 

また、工事も大規模になる場合が多いため、早い段階でリノベーション会社へ連絡をして見積もりをもらいましょう。

 

最新事例からみるリノベーション費用

リノベーションにかかる費用の相場を理解したところで、最新の事例からどのようなリノベーションを行うことができるのか見ていきましょう。

 

事例を見ることで、費用に対してどのようなデザインの部屋にすることができるのかイメージがつきやすくなるため、たくさん事例を見ることをおすすめします。

 

費用1,000万円で間取り変更のリノベーションを行った事例

 

間取り 4DK ▶ 2LDK+WTC
施工面積 99㎡
テイスト ナチュラル、シンプル
リノベ費用 約1,000万円

 

こちらの事例は「素材にこだわってつくる開放感のあるお部屋」をテーマにリノベーションされています。

 

元々リビング・キッチン・洋室だったスペースを1部屋にまとめることで開放感のあるLDKに生まれ変わりました。

 

また、キッチンはデザイン性の高いアイランドキッチンを導入することで、高級感を感じられる空間となっています。

 

費用800万円で北欧風のおしゃれな部屋にリノベーションを行った事例

 

間取り 3DK ▶ 2LDK+WTC
施工面積 63.18㎡
テイスト 北欧、カフェ風
リノベ費用 約800万円

 

こちらの事例は「ドラマのワンシーンのような家」をテーマにリノベーションされています。

 

特徴はネイビーの壁紙を採用し、家具にもこだわった北欧風のリビングです。

 

また、インテリアには植物を多く採用することで木目調の棚ともマッチしています。

 

全体的に落ち着いた色合いとなっていますが、採光に優れたルーバーを取り入れることで

日中は陽の光が入るため十分な明るさを感じられるでしょう。

 

費用1,200万円でカフェ風のリノベーションを行った事例

 

間取り 2DK ▶ 1LDK + WIC
施工面積 55㎡
テイスト ナチュラル、カフェ風
リノベ費用 約1,200万円

 

こちらの事例は「明るくも落ち着くカフェのような空間」をテーマにリノベーションされています。

 

白×ネイビー×オーク×グリーンの色合いで統一されていて、インナーバルコニーを採用していることで大きな窓から陽の光が差し込みます。

 

また、キッチンの床材にはこだわりポイントがあり、塩ビタイルを敷くことで水がこぼれても大丈夫な仕様となっているので、料理が趣味の方におすすめのリノベーションです。

 

リノベーションで失敗しないローンの選び方

リノベーションにかかる費用は高額になることから、ローンを組んだ支払いを検討している方も多いのではないでしょうか。

 

住宅に関するローンといえば、住宅ローンを最初に思い浮かべると思いますが、リフォーム用のローンを用意している銀行も多いです。

 

ここからは失敗しないためのローンの選び方について解説します。

 

所有物件のリノベーション向けリフォームローン

所有する物件のリノベーションを考えている方は「リフォームローン」を利用しましょう。

 

リフォームローンには2つのタイプがあり、有担保型と無担保型に分けられます。

タイプ 金利 内容
有担保型 1.5%〜3% リノベーションやリフォームをする物件を担保として借入を行うローンです。高額な借入が可能となり、長期間かけて返済をします。
無担保型 3%〜5% 担保をつけずに借入を行うもので、300万円程度の金額を短期間で返済していきます。有担保型と比べて比較的審査が緩いのが特徴です。

 

以上の情報を参考にどちらのタイプのローンを利用するか、リノベーションの規模や予算に応じて検討しましょう。

 

新たに物件を購入する方向け住宅ローン

新たに購入した物件をリノベーションする方は物件の購入費用とリノベーションの費用をまとめて住宅ローンで借入をしましょう。

 

一般的に住宅ローンはリフォームローンよりも金利が低くなる場合が多いです。

 

ローンを1つにまとめることでローンの審査やその後の返済の手間が省かれます。

 

ただし、ローンを利用する際はリノベーションの費用も含めて審査を行うため、事前にどのようなリノベーションプランにするか考えて、見積もりをリノベーション会社にもらう必要があります。

 

まとめ

今回はリノベーションにかかる費用の相場について解説しました。

 

リノベーションは購入した物件を自分好みのデザインにするだけではなく、暮らしやすさを求めた設備導入や間取り変更をすることができます。

 

ただし、リノベーションには高額な費用がかかるため使える予算をあらかじめ決め、その範囲でリノベーションプランを決めるようにしましょう。

 

後悔のないリノベーションを行い、希望通りの住まいを手に入れるために本記事の内容を参考にしてください。

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中