re-proceeddesign.com
2023.6.6

【リフォーム事例集】プランナーがおすすめする人気のリノベーションアイデアを10個紹介!!

CMやSNSで見かける魅力的な住まいに「こんな家に一度は住んでみたい」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

 

リノベーションは住まいをおしゃれな自分好みの空間に変えることができるため、最近では購入した家をリノベーションする方も増えています。

 

今回はこれからリノベーションを考えている方に向けて、人気のリノベーションアイデアを10個紹介していきます。

 

本記事を参考にして理想のリノベーションデザインを探してみてください。

 

リノベーションとは

リノベーションアイデアを紹介する前に、まずはリノベーションについて理解をしておきましょう。

 

リノベーションは戸建てやマンションなど購入した物件を理想の住まいとなるように行う工事のことをいいます。

 

リフォームと同じイメージを持っている方も多いと思いますが、住まいのメンテナンスをすることが目的ではなく、さらに良い住まいにするために行うのがリノベーションです。

 

壁紙の張り替えから間取りの変更まで様々な方法があるため、現在の住まいに新たな設備や価値を加えることができるでしょう。

 

ただし、マンションを新築分譲や中古で購入した方は、マンションの利用規約に則った範囲でリノベーションをしなければならないため注意してください。

 

プランナーがおすすめする人気のリノベーションアイデア10選

ここからはプランナーがおすすめする人気のリノベーションアイデアを10個紹介していきます。

 

自分好みのアイデアを見つけて、リノベーションの参考にしてください。

 

部屋を丸ごとワンルーム

ワンルームと聞くと一人暮らし用の住まいをイメージされるかもしれませんが、広いスペースが欲しいと思っているファミリーや子育てが終わり必要なくなった部屋を活用したいと考えているシニアからも人気のリノベーションアイデアです。

 

ダイニングとの間に仕切りがある場合やリビングの隣に部屋がある場合に壁を取り除いて、広々としたワンルームにすることができます。

 

プライベートな空間が欲しい場合は、パーテーションやカーテンなどで間仕切りすることも可能です。

 

高級感を演出するウォークインクローゼット

間取りが狭く、寝室として使用しづらい部屋をリノベーションしてウォークインクローゼットにするお客様もとても多いです。

 

ウォークインクローゼットを作ることで高級感を演出することができ、収納スペースを増やすことができます。

 

また、キッチンの配置を変更したり、リビングの一部を壁で仕切ることでウォークインクローゼットのスペースをつくる場合もあります。

 

ウォークインクローゼットがあることで洋服にこだわりを持っている方は、毎日の生活がより楽しくなるでしょう。

 

アーチ状に設計されたプライベートな一室

LDKの一角にアーチ状の壁を作ることでプライベートな一室を作ることができます。

 

このスペースはワークスペースとして活用できる他、子供の遊び部屋として使うことができます。

 

また、天井やドアなどを付けないことで圧迫感を感じない、開放感のあるプライベート空間を生み出すことができるでしょう。

 

家事が捗る動線を考えたリノベーション

寝室・クローゼット・洗面室の壁面に扉を設置し、動線を確保した間取りも施工事例が増えています。

 

これにより、最短距離で移動できるため、朝の身支度や家事が捗ります。

 

さらに、洗面室の近くに洗濯物を室内干しできるスペースを作る方も多く、これにより洗濯物を干したり収納したりする手間が少なくなるでしょう。

 

陽の光を感じられるインナーテラス

家の中や半屋外にテラス空間を作ることをインナーテラスといい、室内に居ながら屋外の雰囲気を味わえることが人気のリノベーションアイデアです。

 

インナーテラスを取り入れることで陽の光が入りやすくなり、部屋全体が明るくなります。

 

ガーデニングスペースや自転車置き場として活用する方が多く、中にはリラックスチェアを置いてちょっとしたくつろぎスペースにしている方もいます。

 

また、ペットのためのスペースに使うこともできるでしょう。

 

趣味の道具やアウトドアグッズを置ける土間

土間と聞くと昔ながらの家にある土間をイメージされる方も多いかと思いますが、最近の土間は趣味の道具やアウトドアグッズを玄関先に置くためのスペースとして使われています。

 

また、土間を広くすることで、簡単な作業を行うことができるスペースが生まれるため、ゴルフ用品や釣り道具、自転車などのメンテナンスを行うことができるでしょう。

 

一般的には玄関部分に土間を採用する方が多いですが、活用方法は様々でバルコニーと繋げて靴を履いたまま移動ができるようにする事例もあります。

質素な空間をおしゃれにするガラスブロック

質素な壁にガラスブロックをインテリアとして取り入れることは部屋をおしゃれにデザインする以外にも様々なメリットがあります。

 

例えば、窓がない部屋にガラスブロックを取り入れると隣の部屋や廊下の明かりが入りこむようになります。

 

また、壁に囲まれた部屋の圧迫感を軽減することもできるでしょう。

 

お風呂や洗面所、トイレなどでガラスブロックを取り入れるのがおすすめです。

 

海外風のおしゃれな寝室

海外風のおしゃれな寝室にしたい場合は、壁の色を変えるリノベーションがおすすめです。

 

また、壁の色に合わせて床材も変える方が多いです。

 

例えば北欧風の部屋にしたい場合は、青色の壁に木目調の床材にしましょう。

 

壁面をくり抜いて収納と寝室のスペースをつくる

建物の構造によりますが、壁面をくり抜いてスペースをつくり出すことも可能です。

 

作り出したスペースは収納場所として活用することができる他、カーテンなどを設置することで寝室や書斎として使うこともできます。

 

このリノベーションはクローゼットがある壁面など壁の奥側にスペースがある場合に限ります。

キッチンの配置を変えてリビングを広くする

キッチンがダイニングリビング側を向いている場合、壁面に向くように配置を変えることで広々としたLDKにリノベーションすることができ、大きい家具も置くことができます。

 

ただし、キッチンの配置を変える際は専門的な資格を保有している業者でなければ施工を行うことができないため、事前に確認をしてから相談・依頼をしましょう。

 

自分好みのリノベーションデザインを予算に合わせて選ぼう

自分好みのリノベーションデザインを探す際は予算を先に決めてからリノベーション会社のホームページの写真を見たり、ショールームに行きましょう。

 

また、リノベーションは家族向けや単身者向けとライフスタイルによって施工内容は変わるため、過去のリノベーション事例を参考にすることがおすすめです。

 

ここでは、費用別のリノベーション事例について紹介します。

 

費用500万円のリノベーション事例

55㎡のマンションを費用500万円かけてリノベーションした事例がこちらです。

 

リビングを中心にキッチンや玄関などの一部を一人暮らし、二人暮らしなどライフスタイルに合わせてリノベーションしています。

 

しかし、大規模な間取りの変更などはすることができないでしょう。

費用1,000万円のリノベーション事例

96㎡のマンションを費用1,000万円かけてリノベーションした事例がこちらです。

 

木目調の床に壁紙は白で統一し、木の温もりを感じられる北欧風の部屋にリノベーションされています。

 

壁を取り除きリビングを拡張することで、まるでワンルームのような広々としたLDKを実現しています。

 

まとめ

今回はプランナーがおすすめする人気のリノベーションデザインについて紹介しました。

 

従来は注文住宅で戸建てを購入して自分の理想の住まいを実現するのが一般的でしたが、近年では中古マンションを購入して大規模リノベーションを行う方が費用も抑えられることから人気を集めています。

 

ただし、リノベーションの内容によっては高額な費用がかかる可能性もあるため予算を事前に決めて、こだわる箇所に優先順位をつけるようにしましょう。

 

おしゃれな住まいの写真を見ると自分の家をどのようにリノベーションするか迷ってしまうかと思いますが、本記事で紹介した事例を参考にしていただき、一度リノベーション会社に相談してみてください。

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中