re-proceeddesign.com
2023.5.26

福岡でリノベーション済みの賃貸一軒家を探す際の注意点

リノベーション済み一軒家を借りる際の注意すべきことをピックアップしてご紹介します。

賃貸物件は短期間の住まいとして選ばれることもあります。更新期間が設定されているなら、更新時に住み替えを検討する方もいます。

借りる際の注意点はもちろん、退去する際の注意点も合わせて説明します。

これから賃貸物件を探す方や、住み替えをご検討中の方に役立つ情報です。ぜひ参考にしてみてください。

 

リノベーション済みの一軒家の特徴

リノベーション済みの一軒家にはどんな特徴があるのか細かくご紹介します。

 

近代的な内装

リノベーションによって、一軒家の内部が現代的なスタイルにアップデートされています。最新のデザインやトレンドに合わせた壁紙、フローリング、照明などが使用されています。

 

機能性の向上

リノベーションによって、一軒家の機能性が向上しています。例えば、収納スペースの増加や間取りの変更による使い勝手の改善が行われている場合があります。

 

追加設備や設備のアップグレード

リノベーションでは、一軒家に新しい設備や設備のアップグレードが行われることがあります。例えば、新しいキッチンアプライアンス、エアコン、暖房システム、浴室設備などが設置されている場合があります。提供しているのは快適な暮らしです。

 

エネルギー効率の改善

リノベーションによって、一軒家のエネルギー効率が改善されていることがあります。断熱材の追加や、エネルギー効率の高い窓やドアの取り付けなどが行われ、暖房や冷房のコストを節約できるようになっています。

 

外観の美化

リノベーションでは、一軒家の外観も美化されることがあります。外壁の塗装や修復、庭の改修、新しい外部フィニッシュの追加などが行われ、一軒家の魅力が向上しています。

 

耐久性の向上

リノベーションは、一軒家の耐久性を向上させるために行われることがあります。例えば、屋根や床の補修、電気配線や配管の更新などが行われ、建物全体の安定性と耐久性が向上します。

 

これらの特徴は一般的なリノベーション済みの一軒家に見られるものですが、具体的な一軒家によっては異なる特徴が存在する場合もあります。

 

リノベーション済み一軒家を借りる際の注意点

リノベーション済みの一軒家を賃貸で利用する際には、以下の注意点に留意することが重要です。

 

契約書の確認

賃貸契約書をよく読み、すべての条件や規約を理解してください。特に、リノベーションに関連する部分や修繕責任、原状回復についての事項を確認しましょう。

 

内部設備の確認

リノベーションされた家には新しく設置された内部設備があるかもしれません。家具や家電製品、キッチン用具などが提供される場合もありますので、契約前に確認してください。

 

修繕責任の確認

リノベーション済みの一軒家では、賃借人が特定の修繕責任を負うことがあるかもしれません。例えば、内部の設備や装飾に関する修繕責任がある場合がありますので、契約内容を確認しましょう。

 

原状回復についての了解

賃貸期間の終了時には、一般的には原状回復が求められます。リノベーションによって変更や改造された箇所については、元の状態に戻す必要があるかどうか確認しておきましょう。

 

共有スペースの利用条件

リノベーションされた一軒家には共有スペース(例: 屋外スペース、駐車場)が含まれる場合があります。利用方法や維持管理についてのルールや条件を理解しておくことが重要です。

 

騒音や振動に関する情報

リノベーションは建物の構造や断熱性能を改善する場合がありますが、周囲の音や振動の遮断性能も考慮されるべきです。契約前に騒音や振動に関する情報を確認し、生活の快適さを考慮しましょう。

 

保証やサポート体制の確認

リノベーション業者やオーナーが提供する保証やサポート体制について確認しておきましょう。故障の際は修繕費用はオーナーがもち、借りた状態の機能を維持してもらえることが保証されていることがあります。

 

お部屋や間取りに不満を感じる

賃貸物件でもリノベーション可の一軒家もあります。検索サイトで見つけることもできますし、不動産会社の窓口で直接探してもらうことも可能です。リノベーションしても良い賃貸物件とそうではない物件があり、リノベーションなどの手を加えて良い部分が細かく規制されているので、借りる際には規約をしっかりと確認しましょう。

 

リノベーションしても良い賃貸物件の特徴

賃貸物件と聞くと状態を退去するまで維持しなければならないという固定観念もありますが、ユーザーに特化したリノベーションしても良い賃貸物件もあるんです。

リノベーションしても良い賃貸物件の特徴をご紹介します。リノベーションによって自分好みの住空間を作り上げることができます。

ただし、リノベーションできる範囲が限られているケースもあるので物件ごとに確認する必要があります。

 

オーナーの許可

リノベーションを行うためには、まず賃貸物件のオーナーから許可を得る必要があります。リノベーションを行いたい旨をオーナーに伝え、了承を得ることが大切です。

 

自由度の高い内装

リノベーション可能な賃貸物件は、内装やレイアウトにおいて自由度が高いことが望ましいです。リノベーション前提で賃貸物件を探すなら、壁の配置や間取りの変更が容易にできる柔軟性がある物件が適しています。

 

状態の許容度

リノベーションを行うためには、物件の状態に一定の許容度があることが望ましいです。築年数が高く、古くて少し劣化している程度の物件であれば、リノベーションによって魅力的な住空間に変えることができます。水回りやクロスの交換でお部屋の印象が全く変わります。

 

長期契約の可能性

リノベーションは一定の時間と費用がかかるため、長期的な視野で物件を借りることができる場合が好ましいです。通常、短期間の賃貸契約ではリノベーションに十分な時間を割くことが難しいため、契約期間の長さも考慮する必要があります。せっかくリノベーションしたのに、短期間で退去となると、勿体無いと感じてしまうことも。

 

インフラストラクチャー

リノベーションを行う際には、電気や水道などの基本的なインフラストラクチャーが物件に整っていることがポイントで、リノベーション後に必要な設備やアメニティーが容易に追加できることも考慮しましょう。

 

好立地

リノベーションした物件も、交通の便や生活利便性が高い好立地であることが望ましいです。駅から徒歩エリアなど検索サイトで探す際は、周辺にショップやレストラン、公園などの施設が充実しており、快適な生活が送れる環境が整っているかが重要です。条件設定を忘れずに行いましょう。2ldkや2dkといった間取りや賃貸料7万円など設定した条件に合わせて、おすすめ順に一覧になって表示されます。

 

賃貸物件の様々な規制を面倒に感じる方にオススメ

紹介した賃貸物件の様々な規制に面倒だなと感じている方にオススメなのは、中古 マンションを購入して、思いのままリノベーションすることです。

快適さを望み住まいを探していたはずが、賃貸物件特有の規制に不便さを感じてしまうことがあります。

賃貸ではなく、購入したマイホームであれば、規制もなく、快適に過ごせる住空間づくりは可能です。ペット専用の住空間もつくることができます。お 部屋のプロに相談し、人気の新築に負けない、こだわりの空間をつくりましょう。ロフト付きなんかもいいですね。ウェブ サイト でもたくさんリノベーション例が掲載されています。1ldk や 3ldk 、キッチンやトイレなど、検討している条件、部屋 別 に検索して、自分の理想を具体的にしましょう。

快適さを追求し、今ある住宅を思いのままリノベーションすることで、快適さをさらに追求することができます。

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中