re-proceeddesign.com
2023.5.24

福岡|ライフスタイルにあったリノベーション済み賃貸物件を見つけよう

賃貸物件を検索するのに、重視したいのがライフスタイルに物件がぴったりかどうかです。お部屋が狭すぎては不便だし、小さなお子さんがいてベビーカーを使用するご家庭にとって、上階なら、エレベーターは必須です。最寄り駅から徒歩圏内などこだわる条件は様々あります。

まずは住まいのタイプを確認しながら、ライフスタイルにあうオススメなリノベーションをご紹介します。
これから住み替えや物件探しをご検討中の方に役立つ内容です。参考にしてみてください。

 

タイプ別賃貸物件

住まいにはタイプの異なる物件がいくつかあります。どんなタイプの物件を探すか、条件を定めることによって、スムーズに検索を進めることができます。
簡単にタイプを確認しておきましょう。

 

マンション

マンションは、一般的には高層の共同住宅ビルや集合住宅を指します。複数の住戸から構成され、一般的にはオーナーまたはテナントが居住するために使用されています。
都市部や都市近郊などの人口密集地域に建設され、一般的に、建物内には共有のエントランスや廊下、ラウンジといった共用施設、駐車場などがあります。
住戸は、1つの部屋から多くの部屋を持つことができ、シングルルーム、スタジオアパートメント、1ベッドルーム、2ベッドルームなどの異なるサイズや配置です。

また、管理会社や住民が共同で管理する組織が存在し、共有スペースの維持管理やセキュリティの提供などを行います。住民は共同生活を送る際のルールや規則に従うことが求められる場合があります。

マンションは都市部の住宅需要に対応するための効率的な解決策として広く利用されており、多くの人々が都市での生活を実現するための選択肢となっています。

 

アパート

アパートは、住宅として使用される建物の一種です。複数の住戸が一つの建物内に配置されており、各住戸は独立して出入りができるようになっています。一般的に、アパートは賃貸住宅として提供され、個々の住戸は入居者によって借りられます。
一般的にマルチストーリーといって複数階層の建物であり、各住戸は通常、キッチン、バスルーム、寝室などの基本的な生活施設を備えています。
都市部や都市近郊に多く見られ、一般的には小規模な住宅単位であり、一人暮らしや小さな家族向けの住宅として利用されることが多いです。

不動産会社や個人の所有者によって運営され、賃貸契約に基づいて入居者に貸し出されます。入居者は家賃を支払い、貸し出すオーナーによって設けられた一定のルールや契約条件に従うことが求められます。

集合住宅やエレベーターやランドリールームといった共有施設を共有することがあります。また、アパートは一つの建物内に複数の階やフロアがあり、各階には複数の住戸が配置されていることもあります。

 

戸建

戸建は、一つの建物が一つの敷地に独立して建っている住宅のことを指します。つまり、一軒の家が一つの敷地内に建てられており、周囲との壁や建物を共有せずに独立している住宅形態です。
戸建て住宅は一戸建てとも呼ばれ、一家族や一世帯が独占的に使用するため、プライバシーや自由な生活空間を確保することができます。また、周囲と共有する壁がないため、隣地との音やにおいの侵入が少なく、静かな生活環境が期待できます。
一般的に、戸建て住宅は一階建てや二階建ての建物であり、専用の庭や駐車場を備えています。また、敷地内に建物以外のスペースである庭やプール、倉庫などがある場合もあることも。
戸建て住宅は、家族や世帯単位での生活を重視し、広々としたスペースを確保することができるため、多くの人々にとって魅力的な住宅形態とされています。

 

ビル

ビルは、建築物の一種で、多くの階層から成る大規模な構造物です。一般的には、人々が生活、働き、商業活動を行うために使用されます。居住やオフィススペース、店舗、ホテル、公共施設、教育機関、病院など、さまざまな目的に利用されることがあります。

鉄骨やコンクリート、石材、ガラスなどの耐久性のある材料で作られており、基礎、柱、梁、壁、床、屋根などの要素から構成されます。
ビルにはエレベーターや階段などの垂直移動手段が備わっていることが一般的です。

ビルは都市部や商業地域に集中して建設されることが多く、都市の景観や都市計画に重要な役割を果たしています。建築規制や安全基準に従って設計・建設され、地震や火災などの災害からの保護も考慮されます。

ビルの高さはさまざまであり、低層ビルや中層ビルから高層ビルまでさまざまなタイプが存在します。
高層ビルは、一般に超高層ビルやランドマークビルとも呼ばれ、特に都市のシンボルとして知られることがあります。

ビルは都市の発展や人々の生活に欠かせない存在であり、建築技術やデザインの進歩により、より持続可能で効率的なビルの建設が進められています。

 

ライフスタイルに合わせてDIYできる賃貸物件もある

賃貸物件のなかには自分のライフスタイルに合わせて手を加えることもできる物件もあります。
DIYを楽しみながら、住まいを整えていくことが可能です。
物件によっては当初の状態で返却しなければならない物件もあるので、賃貸契約書を確認しましょう。

 

 

 

理想を実現するために中古物件を購入してリノベーション

リノベーション済みの賃貸物件を探しても、やっぱりライフスタイルにぴったりな物件が見つからない。オススメなのが中古物件を購入してリノベーションすることです。
リノベーション事例を通して、可能性をご紹介します。

 

リノベーション事例

リノベーションの良さは何といってもオリジナリティの高さ。1ldkでも、2ldkでも、ご自身やご家族のライフスタイルに合わせて住まいを整えることができます。
中古物件を選ぶ理由は比較的安く購入できる中古物件を活用し、理想の住まいづくりが可能だからです。
オススメの理由は比較的安く購入できるからだけでなく、助成金を受給することもできるからなんです。
今ある建物を活かした持続可能な住まいづくりのリノベーションを応援している助成金があります。
種類や内容は自治体によって異なるので、お住まいの自治体に確認してみてください。

 

ヴィンテージカフェ風

築40年のアパートをおしゃれなヴィンテージカフェ風にリノベーション事例です。着工のビフォーアフターで違いは明らかです。こだわりをライフスタイルに取り入れる素敵な事例を動画にてご紹介しています。ぜひ参考にご覧ください。

https://re-proceeddesign.com/column_list/674/

 

ライフスタイルにぴったりな住まい

短い期間でもライフスタイルにぴったりな住まいを探したいものです。
ご自身やご家族の理想の住まいは、どのタイプですか。主なタイプにはマンションやアパート、戸建、ビルがあります。
リノベーション済みの賃貸物件でも、こだわりポイントに満足できない。オススメなのが中古物件を購入してリノベーションすることです。
内装にこだわりたい。家事動線をこだわることで時短にも繋がり、暮らしを便利にしてくれる工夫やアイデアもたくさんあります。
便利なポイントを取り入れることで暮らしが劇的に変わるかもしれません。

おしゃれでオススメのリノベーション事例もご紹介しました。

リノベーション会社ではより、実体験できる見学会も行なっています。
ぜひ気軽に参加してみましょう。理想の住まいづくりのヒントも得ることができます。

 

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中