re-proceeddesign.com
2022.10.25

福岡におけるスケルトンリノベーションやリフォームの知識を身に着けよう!

 

福岡においてリノベーションやリフォーム前提で中古マンションの購入を検討している方の中には、どこからどこまで施工(手を加えること)をすればいいのか悩まれている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「スケルトンリノベーション」の基礎知識についてご紹介します。

 

 

そもそも「スケルトンリノベーション」とは?

リノベーションにおける「スケルトン」とは、中古マンションや中古住宅の内装・設備・間仕切り壁などをすべて取り払い、建物の骨組みとなる構造体そのものになった状態のことを総称します。

マンションの場合では、天井・床・壁すべてむき出しのコンクリートに囲まれた状態になります。

建物を一度スケルトンにしてリノベーションすることを、一般的に「フルリノベーション」とも呼びます。

 

スケルトンリノベーションもフルリノベーションも似たような意味で使用されますが、会社によって工事の内容が異なる場合があります。

そのため、スケルトンリノベーションは、フルリノベーション(フルリフォーム)の一種だと位置づけされる場合もあります。

 

 

間取りや部屋数は変えずに、水回り設備の交換、壁紙全室の張り替え、床全室の張り替えといった、目に見える部分すべてを新しくする「表層替えリフォーム」もフルリフォームに含まれます。

 

 

「スケルトンリノベーション」のメリット

スケルトンリノベーションは、大規模なリノベーションとなるので、一度始めたら引き返すことができません。

それこそ新築住宅を一軒建てるのと同じ感覚です。そのため、スケルトンリノベーションのメリットとデメリットの両方をよく理解し、納得した上で決断することが大切になります。

まずは、スケルトンリノベーションのメリットを見てみましょう。

 

 

▸ 新築や注文住宅に比べ、比較的コストを抑えることができる

スケルトンリノベーションをすると、内装・外装ともにほぼ新築同様になりますが、新築や建て替えに比べれば、コストを抑えることができます。

ただし、機能を詰め込んだり、建物の劣化が激しかったりすれば、それなりに費用がかかるので注意が必要です。

 

 

▸  間取りを自由に変更が可能

スケルトンリノベーションは、マンションであればコンクリートの躯体、戸建てであれば基礎や梁、柱といった建物の基盤だけ残してすべてを刷新するため、複数の部屋を1つの広い部屋にしたり、1つの部屋を複数に区切ったりと、自由に間取りを変更することができます。

新しい家のように、イチから暮らしを考えることができるのは、スケルトンリノベーションの大きなメリットになります。

 

また、住まいはお子様の成長や各ライフステージによって、快適さや用途が変化します。

「お子様が独立したから部屋と部屋をつなげて広い空間にしたい」、「趣味ややりたいことが増えて、収納を充実させたい」などの要望があるとき、間取り変更のリノベーション(リフォーム)が有効です。

スケルトンリノベーションは建物を躯体のみの状態に戻すため、間取りの変更が可能となります。

 

逆に言えば、間取りの変更を行いたい場合、部分的にでもスケルトンにする必要があるということです。

家の住み心地を引き上げたいとき、間取りを自由に変更できればイメージに沿ったリノベーション(リフォーム)が可能となります。

また、住まい全体をバリアフリーにしたい場合にもスケルトンリノベーションが適しています。

 

 

▸ 給排水管や配線を一新できる

建物自体はまだまだ住める状態でも、給排水管や電気配線の老朽化によって問題が出てくることが多くあります。スケルトンリノベーションであれば、配管・配線を修繕したり、新しくしたりする作業もしやすくなります。

配管・配線は建物よりも早く寿命が来るため、これらを一新するためにスケルトンリノベーションを検討される方も多くいます。

また最近では、「お家全体をWi-fi環境に整える」などといったスマートホーム化への要望も叶えることができます。

 

 

▸ 水回りの位置変更が可能に

キッチンやトイレ、浴室といった水回りの設備の位置を変更するときには、配管の位置も合わせて変更する必要があります。

スケルトンリノベーションなら配管・配線の位置変更もしやすくなるため、水回りの位置変更がスムーズになり、リノベーション(リフォーム)の自由度が上がります。

 

 

▸ 耐震性能の向上、耐熱対策が可能

耐震性能を上げるリノベーションは、部分的に行う場合はスケルトン状態にしなくても可能です。

しかし、スケルトンリノベーションを行うと躯体の状態をすべて確認できます。

老朽化によって損傷・劣化している部分を見つけやすくなるため、必要な部分には補修を行い、最適な耐震補強を全体に施すことが可能となります。

 

戸建の場合は古い木造住宅で現在の耐震基準を満たしていない場合でも、筋交いや耐震ダンパーなどを設置することで耐震性を高めることができます。

また、外部スケルトンリノベーションで外壁を剥がし、断熱材を追加することで冬暖かく、夏は暑さを家に入れにくくすることができます。

古い住宅では外周に断熱材が入っていない、入ってはいるが充分でないことが多くあります。スケルトンリノベーション(リフォーム)で全体の断熱対策を行えば快適性が上がるだけでなく冷暖房効率もアップしますので、省エネ効果も期待できます。

 

 

 

「スケルトンリノベーション」のデメリット

続いて、スケルトンリノベーションのデメリットをご紹介します。

 

 

▸ 新築と全く同じというわけではない

スケルトンリノベーションを行なうと建物の内部をすべて解体するため、住み心地の面では新築同様にリノベーションすることが可能です。

しかし、地盤調査・改良を行なってから建てる新築と同じ強度まで持っていくとなると、追加コストが多く発生してしまい、建て替える場合と費用があまり変わらないこともあります。

また、スケルトンの状態にした後に建物全体に耐震補強を施す、基礎を強化するなどして「補強」することは可能ですが、地盤全体の改良は難しくなります。

 

 

▸ 新築や建て替えよりもコストが割高になる可能性も

スケルトンリノベーションは機械を用いずに、職人さんがスケルトン状態にしていくため、比較的に工期が長くなります。

工期が長くなると人件費が含まれますので必然的にコストが高くなりますが、内装だけでなく、屋根・外壁まで含めるとまたさらに工期が長くなっていきます。

事前にしっかりと要望と予算を照らし合わせて進めていかないと最終的に予算オーバーとなってしまう場合もあります。

工期が長くなると、その間住まいで生活はできないので仮住まいをしなければならず、仮住まいの費用も頭に入れておく必要があります。

また、中古マンションを購入される場合、リノベーション費用とは別に物件の購入費も必要になりますので、好立地や都心部などの人気エリアの物件を購入するとなると、必然的にコストも上がります。

 

 

▸ スケルトン状態にしないと、どのような耐震補強をすべきかわからない

構造の状態は物件によってそれぞれ異なります。

構造がしっかりしている場合でも肝心の柱や床が湿気により腐朽している場合があります。また、設計図通りに建築されていない場合、想定外の補強が発生するなんてことも有り得ます。

 

 

▸ 工期が長い

スケルトンリノベーションは、部分リノベーションやリフォームに比べて工事の範囲が広く、大掛かりなので工期が必然的に長くなります。

工期は家の大きさや搬入・搬出口の広さによっても異なるため、一般的なリフォームが数ヶ月だから、我が家もそれくらいで終わるだろう。というように、他の物件との比較で工期を予想するのは危険です。

必ず、依頼するリノベーション会社に、スケルトンリノベーションに必要な工期の目安を確認した上で、予定を組みましょう。

 

 

 

「スケルトンリノベーション」の種類

スケルトンリノベーションは、大きくわけて3つの方法があります。

どのような方法なのか1つ1つを詳しく説明していきます。

 

 

▸ 内部のみスケルトン(マンション・戸建)

外壁の傷みが少ない、あるいは外壁はそのままにしたい場合に、建物の内部のみをスケルトンリフォームする方法です。間取りの変更や水回り、階段の位置変更など、建物内部を大きく変えるリフォームが可能です。

また、柱や基礎への耐震補強、壁の内側へ断熱材を入れることもできます。外壁を壊さないため、費用が抑えられるのがメリットです。

マンションの場合は占有面積のみリフォームが可能なため、内部スケルトンリフォームだけが可能となっています。

 

▸ 外部スケルトン(戸建)

外部スケルトンは、内部には手を加えずに外壁だけを解体する工事のことです。

外壁の傷みが全体に及んでおり、塗装だけでは解決にならない場合に行います。外部スケルトンだけを行うことは少なく、一般的なスケルトンリフォームのイメージからは少し離れたものとなります。

 

 

▸ 内部及び外部スケルトン(戸建)

建物の躯体のみを残してすべてを解体する工事です。

再建築不可やセットバックのために建て替えができない、建て替えると既存の住宅よりも狭くなってしまうといった場合に多く選択されるリフォームとなっています。

躯体を傷つけずに作業する必要があるため、解体は手作業で行います。また、解体に伴って廃材の量が多くなること、建物の外側を新たに作ることなどの理由から費用は最も高くなります。

内外ともにスケルトンリフォームを希望する方の多くは、「せっかくリフォームするなら外側もキレイにしたい」、「住まいのイメージを一新したい」という理由からです。

しかし、外壁の傷みが少ない場合には塗装する、窓を増やしたい場合にはその部分に穴を開けて個別にサッシを入れるなど、外側をスケルトンリフォームしなくても要望を叶えられる場合もあります。

 

内部・外部どちらもスケルトンリフォームを行う必要性があるか、リフォーム会社と相談しながら考えてみてください。

 

 

 

まとめ

今回は、「スケルトンリノベーション」について詳しくご紹介しました。

 

まだ新築一軒家や注文住宅とリノベーションを迷われている方の参考になればと思います。

新築とは違い、スケルトンリノベーションは中古マンションや中古住宅の購入から始まります。そのため、物件によって可能な施工やできない施工なども生じる可能性もあります。また工期も長期になるケースが多々ありますので、しっかりとした計画を立てることをおすすめします。

 

プロシードデザインでは、

ひとりひとり、ご家族ごとに異なったデザインとリノベーション、住まいをご提案しております。

是非リノベーション事例の一覧ページも御覧ください。

 

▽ リノベ事例一覧ページはこちら ▽

https://re-proceeddesign.com/works/

 

 

 

 

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中