2022.3.28

フルリノベ?部分リノベ?それぞれのメリット・デメリットは

せっかくリノベーションするんだから、丸ごと全部変えてしまおうか?
それとも部分的に変えて費用を安く抑えるか。

フルリノベーションか、部分リノベーションかでお悩みの方はいませんか?

本日はそれぞれのメリット・デメリットを解説します!

フルリノベーションで住み心地まで一新!

お部屋を一旦、構造体だけの状態(スケルトン状態)にして一からつくり直すことをフルリノベーションと言います。

フルリノベーションを行うメリットは、建物の健康状態までチェックして改善できること。

 

床を剥がして土台の状態を見たり、断熱材や配管設備で傷んでいるところはないか確認したりもできるので、内装を新しくすると同時に住み心地まで良くすることができます♪

また、あらかじめ内装や設備が決められている新築マンションとは違って、

好きなデザイン・間取り・設備を自由につくれるのも大きな魅力。

注文住宅を建てるのと同じくらいの満足感が得られます。

 

デメリットは、やはりコストが高くなること。

大規模な修繕が必要な場合は工期が長くかかることもあるので、事前にしっかりと計画を練っておくことが大切です!

必要なところに集中投資!部分リノベを成功させる秘訣

部屋の状態がいいので、気になるところだけ部分的に変えたい。

最低限の経費でマイホームを手に入れて、趣味や旅行にお金を使いたい。

そんな理由で部分的なリノベーションを選択する人もいます。

部分リノベーションは気軽に行えて、費用も安く抑えられるのがメリットです♪

 

 

部分リノベを成功させるためのポイントは、現状で困っていることを洗い出して、優先順位をつけることです。

例えばリビングを今よりも広くしたいか、古くなった水廻りを変える方を優先するか。

ご家族の価値観に応じて集中的にお金をかける部分を決めることで、より満足度の高いリノベーションが実現できます。

 

 

一方、修繕すべき部分がたくさんある場合や家全体の機能を高めたい時には、部分リノベは不向きです。

部分的なリノベーションで済むかどうか見極めるためにも、物件探しの段階から住宅のプロに相談しましょう!

 

 

 

 

リノベーションについてもっと知りたい方は、毎週土日開催の「リノベーションまるわかりセミナー」へぜひご参加ください♪

※現在、ご予約を受け付けているセミナーはこちら
https://re-proceed.com/event

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中