2022.2.18

古い=壊れやすい?築年数だけで耐震性を判断してはいけない!

中古マンションを選ぶ時に、多くの人が気にする耐震性
建物が古ければその分、壊れやすいんじゃないかと心配されるかもしれませんが、
築年数だけで耐震性が判断できるものではありません。

旧耐震マンションか新耐震か…気にする必要はある?

マンションの耐震性に関して、「旧耐震基準」「新耐震基準」という言葉を聞いたことがありますか?

 

ざっくり説明すると…

 

旧耐震基準:震度5強程度で建物がほぼ壊れない設計

新耐震基準:震度6強~7で建物が倒壊しない設計

1981年6月の法改正以前の建物は旧耐震基準、それ以降に建った建物は新耐震基準で造られています。

 

 

すると、旧耐震のマンションよりも新耐震の方が安全なのでは…?と思いがちですが、

そうとも限らないのがマンション選びの難しいところなんです。

 

なぜなら

①旧耐震マンションでも、新耐震以上の耐震性能で造られたものがあるから。

地盤の強い場所に建つマンションであれば、そもそも地震のリスクが少ないから。

③古いマンションは、過去の地震に耐えた実績があるのでむしろ安心とも言えるから。

 

阪神淡路大震災など過去のデータを見ても、古ければ危険、新しければ安心とは一概に言えないことが分かっています。

当社でも詳しい資料を集めていますので、興味のある方はぜひお声がけください♪

 

大事なのは、きちんと管理されているか

建物の耐震性は、日頃のメンテナンス状況によっても随分変わってきます。

きちんと管理されている物件は老朽化しにくい上に、見た目にも「古さ」が出ません。

 

当社オフィスが入っているこのマンションも、実は築36年!

 

とてもそんなに年数が経っているとは思えませんよね。

実物を見たら、中古マンションに対するイメージが変わるはず!

ご来店お待ちしています♪

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中