re-proceeddesign.com
2023.10.18

リノベーション済み賃貸とは?メリット・デメリットや物件を選ぶ際のポイントを解説!

   

新築のように内装が新しく、おしゃれな物件が多いことから、リノベーション済みの賃貸物件に注目が集まっています。

 

とはいえ、リノベーション済みの賃貸物件は流通量が少ないため、どのようなメリット・デメリットがあるか分かっていない方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回はリノベーション済み賃貸の特徴やメリット・デメリット、物件選びのポイントについて解説していきます。

 

おしゃれなリノベーション済み賃貸物件で、安心・快適な生活を送りたいと考えている方は、本記事を参考にしてください。

 

リノベーション済み賃貸とは?

賃貸物件を探していて「リノベーション済み」という言葉を目にしたことがある方も多いでしょう。

 

ここでは、リノベーション済み賃貸の特徴やリノベーションとリフォームの違いについて解説していきます。

 

リノベーション済み賃貸の特徴

リノベーション済み賃貸とは、築年数が経った中古マンション・アパートの間取りや設備を大規模な改修工事を行って新しくした賃貸物件のことです。

 

建物の基礎部分や構造はそのままで、内装だけが新築のように綺麗な状態になっているのが特徴です。

 

築年数が経った賃貸物件は人気がなくなり借り手が見つかりづらくなるため、入居者を増やす目的としてオーナーが現代のニーズや生活スタイルに合わせてリノベーションを行います。

 

リノベーションとリフォームの違い

「リノベーション」に似た言葉として「リフォーム」があります。

 

どちらも同じ意味で使っている方もいますが、それぞれ意味や工事を行う目的が異なるため注意しましょう。

 

一般的にリフォームは、劣化した箇所を部分的に修繕するために行う工事を指します。

 

一方でリノベーションは工事の規模が大きく、住まいを一新して新しい価値を生み出すために行われます。

 

リノベーション済み賃貸のつもりが間違えてリフォーム済み賃貸を借りてしまい、「イメージと違った」とならないようにしてください。

 

リノベーション済み賃貸に住むメリット

ここからはリノベーション済み賃貸に住むメリットについて解説します。

 

・内装が新しくおしゃれな物件に住める

・最新設備が備わった物件に住める

・新築の賃貸物件と比べると家賃が安い

 

メリット1.内装が新しくおしゃれな物件に住める

リノベーション済み賃貸は、内装が新築のように新しく綺麗になっているケースが多いです。

 

また、一般的な新築賃貸と差別化するために、独創的でおしゃれなデザインになっているのも特徴です。

 

例えば、白色のクロスではなく、コンクリート打ちっぱなしの壁にしたり、梁や配管を剥き出しにしたデザインなどの物件があります。

 

他の物件とは違うデザインの賃貸物件に住みたいという方におすすめです。

 

メリット2.最新設備が備わった物件に住める

リノベーション済み賃貸物件は、リノベーション時に古くなった設備を新しい設備に入れ替えている場合が多いです。

 

そのため、最新設備が備わっていることもメリットの一つです。

 

例えば、以下のような設備が一新されている傾向にあります。

 

・システムキッチン

・ユニットバス

・独立洗面台

・温水洗浄便座付きトイレ

・テレビモニター付きインターホン

 

設備が新しいことで快適な生活を送れるでしょう。

 

とはいえ、オーナーの予算によっては、全ての設備が新しくなっていない可能性もあるので、物件選び時に確認してください。

 

メリット3.新築の賃貸物件と比べると家賃が安い

リノベーション済み賃貸は新築の賃貸物件と比べて家賃が安いケースが多いです。

 

駅近など人気のエリアで新築や築浅物件を探しても、予算の関係で見つからないこともあります。

 

その場合、希望条件の一部を諦めなければならないでしょう。

 

しかし、リノベーション済み賃貸物件であれば、建物全体の築年数は古いですが、内装は綺麗で最新設備が整った物件に予算を抑えて住むことができます。

 

リノベーション済み賃貸に住むデメリット

ここからはリノベーション済み賃貸に住むデメリットについて解説します。

 

・現在の耐震基準を満たしていない可能性がある

・新築物件と比べると断熱性や防音性が低い

・共用部分のメンテナンスが行き届いていない可能性がある

 

デメリット1.現在の耐震基準を満たしていない可能性がある

リノベーション済み賃貸は、室内はリノベーションにより綺麗になっていますが、建物自体は古いままのため、耐震性に不安があります。

 

特に1981年の耐震基準改正前に設計された物件は現在の耐震基準を満たしていないため、注意が必要です。

 

ただし、耐震補強工事が後から行われていたり、耐震診断を受けている可能性もあるので、借りる前にしっかりと確認しましょう。

 

デメリット2.新築物件と比べると断熱性や防音性が低い

リノベーション済み賃貸物件は新築物件と比べると壁が薄く、断熱性や防音性が低い傾向にあります。

 

断熱性が低い部屋や夏は室温が高くなり、冬は冷たくなります。

 

また、冷暖房が効きづらく、冬場には壁が結露してしまうでしょう。

 

さらに生活音が外に漏れてしまったり、近隣の騒音トラブルに悩まされるなど、ストレスに感じてしまう可能性があるので注意してください。

 

デメリット3.共用部分のメンテナンスが行き届いていない可能性がある

リノベーション済み賃貸は、室内こそ新しく綺麗になっていますが、エントランスや廊下などの共用部分は古いままの可能性があります。

 

内見時にポストにチラシが溜まっていないか、廊下の電球は切れていないかなど、メンテナンスが行き届いているか確認してください。

 

リノベーション済み賃貸を選ぶ際のポイント

ここからはリノベーション済み賃貸を選ぶ際のポイントを紹介します。

 

ポイント1.周辺の新築・築浅物件と家賃を比較する

リノベーション済み賃貸は、建物自体の築年数が古いため、新築・築浅物件と比べると家賃が安い傾向があります。

 

しかし、大規模な修繕を行っている場合は、リノベーション費用が家賃に上乗せされるので、必ず周辺の新築・築浅物件と家賃を比較してください。

 

エリアによっては、新築物件の方が安く住めることもあります。

 

ポイント2.希望エリアを広げて物件を探す

近年注目を集めているリノベーション済み賃貸ですが、流通量は多くありません。

 

エリアを絞り込みすぎてしまうと、条件に合う物件が見つからない可能性があるので、希望エリアを広げて物件を探しましょう。

 

ポイント3.必ず内見を行う

部屋の内装は不動産会社が公開している写真からも確認することができますが、共用部分までは確認できません。

 

また、細い箇所や質感までは写真だけで判断できないため、必ず内見を行いましょう。

 

内見を行う際は、時間帯によって目的を変えることをおすすめします。

 

日中であれば日当たりを確認することができます。

 

夕方であれば、近隣住民が帰宅している時間帯のため、生活音が気にならないか確認できるでしょう。

 

中古物件を購入してリノベーションする選択肢も考えよう!

リノベーション済み賃貸の数は年々増えていますが、すでに入居している物件も多いため、なかなか見つからない可能性があります。

 

また、新築の賃貸は家賃が高いため、生活に大きな負担がかかってしまうでしょう。

 

そのため、新築のように綺麗でおしゃれな家に住宅費を抑えて住みたい方は、中古物件を購入してリノベーションする選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

 

中古物件を購入してリノベーションする場合は、住宅ローンを組めるため、毎月の住宅費は抑えながらおしゃれな家に住むことができます。

 

また、所有物件であれば資産としても活用でき、将来的に貸し出すことも可能です。

 

まとめ

築年数が経った賃貸物件を改修して新しい価値を加えて貸し出しているのがリノベーション済み賃貸です。

 

新築同様の新しい住まいに、安い家賃で住めることが最大のメリットです。

 

また、他の賃貸物件とは違うおしゃれなデザインの住まいが多いので、個性的な物件に住みたい方におすすめします。

 

とはいえ、流通量は多くないため、エリアを広げて物件探しをしたり、中古物件を購入してリノベーションする選択肢も考えてみてください。

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中