re-proceeddesign.com
2024.1.12

なぜ我が家はこんなに寒い!?意外な底冷え・隙間風の原因と対策を紹介

 

真冬に自宅で過ごしていて、「暖房をつけているのになかなか暖かくならないなぁ」と感じたことはありませんか?

 

それはひょっとすると、知らないうちに外の冷気や隙間風が家の中へ入り込んでしまっているからかもしれません!

 

冷えって、一体どこからやってくるのでしょうか?

底冷え・隙間風の原因と、その対策をご紹介します。

 

冷気が襲う4大ポイントは窓・床・壁・玄関

 

冷気がやってくるのは、主に次の場所からです。

 

家の中で、暖かい空気を最も多く逃してしまう場所は窓だと言われています!確かに、冬場に窓の近くに立つと、ヒヤッとした空気を感じた経験がありますよね。それに建物の経年劣化で窓と窓枠の間に隙間ができ、そこから冷たい隙間風が入ってきてしまう可能性もあります。

 

床下には通常、断熱材が敷かれていますが、1階の住戸だとそれでも地面の冷気が伝わりやすいです。また冷たい空気は下へ、暖かい空気は上へ行く性質があり、暖房をつけていても床に近い場所に冷気が溜まる「コールドドラフト現象」というものが発生してしまいます。

 

壁にも通常は断熱材が入っていますが、経年劣化で性能が落ちると冷えが伝わりやすくなります。またコンセントやスイッチの周りにはわずかな隙間があるので、そこから隙間風が入ってきて冷えることもあります。壁と床の繋ぎ目も、隙間風が入りやすいポイントです。

 

玄関

玄関のドアも、経年劣化でドア枠との間に隙間ができ、隙間風の侵入口となってしまいます。また郵便受けを通じて冷気や風が入ってくることもあります。

 

それでは、場所別に簡単にできる冷え対策をご紹介しましょう!

 

窓の冷え対策

 

プチプチ

梱包材などにも使われるプチプチには、高い断熱効果があります♪特に、冷えやすい窓の下半分に貼るとGOOD。最近は、窓に貼る用の可愛い柄のプチプチも販売されているのでチェックしてみてください。

 

隙間テープ(モヘヤシールとも言います)

窓枠の隙間から入る風をブロックするには、スポンジの付いた隙間テープが有効です。窓の大きさに合わせてハサミでカットして使います。100均やホームセンターでお安く手に入ります♪

 

冷気ブロックパネル

窓の下にパネルを立てかけて、冷気の侵入を防ぎます。こちらも100均などで探すと見つかります。

 

カーテン

もう少しご予算があるなら、カーテンを厚手の断熱効果の高いものに変えるとずいぶん冷え方が違いますよ!

 

床の冷え対策

アルミシート

断熱効果の高いアルミ製のシートを床に敷きます。そのままだと格好悪いので^^;、上からカーペットなどを敷いて隠しましょう。ツルツルした床に敷く場合は、滑り止め加工が施されたタイプを選ぶと安心です。

 

新聞紙

和室の場合は、畳の下に新聞紙を数枚重ねて敷き詰めると冷気が入ってくるのを防ぐことができます。

 

コルクマット

ジョイント式のコルクマットも断熱効果が高いです。遮音効果もあるので、やんちゃ盛りのお子さんがいる家庭は防音対策としても有効です。

 

ルームシューズ

足を包み込むルームシューズを履くと、足先から冷えが伝わるのを防いでくれます♪

 

壁の冷え対策

隙間テープ

隙間テープを、壁と床の繋ぎ目に貼って隙間風をブロック。どこから風が入っているか、手をかざして確かめてから取り付けましょう。

 

防気カバー

コンセントやスイッチからの隙間風を防ぐには、防気カバーという専用のカバーを裏側に取り付ける方法があります。数十円〜数百円で販売されていますが、自分で行うと感電などのリスクがありますから、電気屋さんなどに相談してみましょう。

 

玄関の冷え対策

間仕切りカーテン

玄関と居室との間に間仕切り用のカーテンを設置すると、お部屋の中に直接隙間風が入ってくるのを防ぐことができます。

 

隙間テープ

玄関ドアにも、専用の隙間テープを貼ることで風の侵入を防ぐことができます☆

 

マスキングテープ

郵便受けからの隙間風は、マスキングテープなどを貼るとある程度緩和することができます。

 

格好よく冷え対策をしたいならリノベーション!

 

以上、ご紹介してきましたが、「プチプチやテープを貼るのはなんだか格好悪いなぁ」と思われた方もいらっしゃると思います。

 

そんな方には、リノベーションがオススメ♪リノベーションだと、例えばこんなことができます。

 

壁の断熱材の入れ替え

内壁を取り壊して、古くなった断熱材を新しいものに替えます。

 

断熱性の高い窓をプラス

窓の取り替えができないマンションの場合は、既存の窓の内側にもう一つ二重に窓を取り付けることで冷えをブロックすることが可能です。戸建て住宅の場合は、窓をまるっと交換するのもOKです!

 

断熱性の高いドアに替える

戸建て住宅の場合は、ドアを断熱性の高いものに交換することもできます。

 

 

お部屋のデザインだけでなく、快適さも高められるリノベーション。

気になった方は、以下のフォームよりご相談ください♪

 

https://re-proceeddesign.com/inquriy_reserve/

 

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中