re-proceeddesign.com
2023.8.3

リノベーションとリフォームはどう違う?メリット・デメリットや費用相場について解説!

 

住宅の工事を表す言葉として、リノベーションとリフォームがありますが、同じ意味で使っていませんか?

 

それぞれの工事を行う目的は異なり、施工内容や費用も変わってくるため、既存住宅の改修工事を予定している方は、リノベーションとリフォームの違いについて理解しておいた方が良いでしょう。

 

本記事ではリノベーションとリフォームの違いについて解説します。

 

費用や事例についても紹介するので、リノベーションやリフォームを検討している人は参考にしてください。

 

リノベーションとは住まいを一新させて新しい価値を生み出すこと

 

リノベーションとは、古くなった家全体を工事して一新することで、新たな価値を生み出すことを指します。

 

工事の内容は「内装デザインの変更」「間取り変更」「設備の取り付け」など多岐にわたるため、ライフスタイルや家族構成に合うプランを立てるのが一般的です。

 

また、新築で戸建ての注文住宅を購入するのと比べて、中古住宅を購入してリノベーションを行う方が費用を抑えることができます。

 

リノベーションのメリット

リノベーションをするメリットは次のとおりです。

 

・デザインや間取りを自由に変えることができる

・設備等が新しくなり資産性が高まる

・物件探しの選択肢が広がる

 

リノベーションをする最大のメリットは内装のデザインを一新したり、間取り変更をしたりと自由に住まいを変えられることです。

 

そして、古く劣化した設備を新しくすることで、購入した中古住宅の資産性を高めることができます。

 

また、新築の物件よりも中古住宅の方が市場に流通しているため、住みたいエリアや予算などの希望条件に合わせて探すことができるでしょう。

 

リノベーションのデメリット

リノベーションをするデメリットは次のとおりです。

 

・リフォームと比べて工事費用が高い

・工事が大規模になると工期が長くなる

・物件によっては自由に工事ができない

 

リフォームは劣化した一部分を改修して元通りにするのに対して、リノベーションは壁を壊して間取りを変えるなど大規模な工事を行うことが多いです。

 

そして、柱や梁などの躯体部分だけを残して作り変えるリノベーションを「スケルトンリノベーション」と言います。

 

工事の規模が大きくなることで工期は当然ながら延びてしまうため、すぐに入居することはできません。

 

また、中古マンションを購入してリノベーションする場合、建物の構造や管理規約によってはスケルトンリノベーションをすることができないため注意しましょう。

 

リフォームとは劣化した箇所を原状回復させること

 

リフォームは劣化した箇所を原状回復させる工事のことを指します。

 

住まいは年数が経過するごとに自然と劣化していきますが、劣化のスピードは場所や使用している素材によっても異なるため、リフォームは「壁紙や床材の張り替え」「水回り設備の取り替え」など部分的な工事となることが多いです。

 

また、住宅の増築や手すりを付けてバリアフリー化するなどの工事もリフォームに含まれます。

 

リフォームのメリット

リフォームをするメリットとしては次のとおりです。

 

・工事にかかる費用を抑えることができる

・工期が短い

・施工事例の再現性が高い

 

リフォームは劣化した箇所の修復を目的として行うため工事の範囲が狭く、簡単なリフォームであれば半日で終わる工事もあります。

 

また、リフォームにかかる費用もリノベーションに比べて安く抑えることができます。

 

リノベーションは依頼主のこだわりに合わせて住まいが作り変えられるため、違う間取りや造りの住まいで再現することは難しいですが、リフォームは劣化した箇所を元の状態に戻すだけなので再現性が高いです。

 

リフォームのデメリット

リフォームをするデメリットとしては次のとおりです。

 

・住宅性能は変わらない

・デザインの変更には制限がある

・定期的にリフォームを行う必要がある

 

リフォームは劣化した箇所を中心に修復工事が行われるため、住まい全体の性能は大きく変わることはありません。

 

また、一部分のデザインを変えてしまうと全体の雰囲気を壊してしまう可能性があるため、選べるデザインには限りがあります。

 

例えば壁紙を張り替えて雰囲気を変えたい場合は、その部屋の壁紙全てを張り替えなければなりません。

 

そして、劣化した1箇所をリフォームしたとしても別の箇所も劣化が進んでいるため、数年後には再度リフォームをしなければならないでしょう。

 

リノベーションとリフォームにかかる費用

 

ここからはリノベーションとリフォームにかかる費用について解説します。

 

リノベーションやリフォームをする際に利用できるローンや補助金についても解説するので参考にしてください。

 

リノベーションの費用相場

 

リノベーションにかかる費用は600万円〜1,500万円程度が相場ですが、工事内容や面積によって金額は大きく異なります。

 

間取り変更や電気配線・排水管の位置を変えるなどの大規模工事をする場合は費用が高額になります。

 

中古住宅を購入してリノベーションする際は、物件の購入費用も含めて予算を立てましょう。

 

リフォームの費用相場

国土交通省が令和2年度に調査した「住宅市場動向調査報告書」の結果によると、181万円がリフォームにかかる費用の相場と公表されています。

 

なお、工事を行う箇所や選ぶ素材、設備のグレードによっては金額が変動するため、リフォーム箇所別の費用についても押さえておきましょう。

トイレ 10万円〜30万円
キッチン 50万円〜100万円
お風呂・浴室 50万円〜100万円
洗面所 20万円〜50万円
リビング 50万円〜150万円

 

購入した物件を工事する場合は住宅ローンが利用できる

リノベーションやリフォームで利用できるローンはリフォームローンと住宅ローンの2つです。

 

住宅ローンのほうが、借り入れられる金額が大きく、金利も低いメリットがありますが、リフォームローンと比べると審査が厳しいだけでなく住宅購入の費用を借り入れるタイミングでなければ利用できません。

 

つまり、中古住宅を購入してリノベーションやリフォームする場合は利用できますが、すでに所有している住宅の工事費用としては借りられません。

 

補助金の利用で実質的な負担を減らせる

リノベーションやリフォームをする際は、各自治体が行っている補助金制度を利用できる可能性があります。

 

特に耐震補強や省エネリフォームなど、住宅性能を向上させる工事を行う場合に利用できるケースが多いです。

 

補助金を活用することで、実質的な支払いの負担を軽減できるため、各自治体のホームページなどを確認してください。

 

おしゃれなリノベーション施工事例3選

費用を抑えて理想のマイホームを手に入れたい方は、リノベーションがおすすめです。

 

ここからはおしゃれなリノベーション施工事例を3つ紹介します。

 

「白×木×開放感」でつくる憧れの海外の家

 

料理をする音が空間全体のBGMになりそうな高級感のあるアイランドキッチンが特徴のこちらのLDKは、「白×木×開放感」をテーマに海外風の住まいにリノベーションされています。

 

キッチンスペースはステンレスとブリックタイルでおしゃれに仕上げ、白い天井には黒いライティングレールを敷くことで空間を引き締めます。

 

空間と明かりを贅沢に操るこだわりの家

 

躯体表しで天井を高く見せているこちらの住まいは色や素材をうまくまとめることで西海岸をイメージさせるようなおしゃれな空間にリノベーションされています。

 

また、床材はこだわりのヘリンボーンを玄関から一繋ぎにし、部屋が広く見えるよう工夫されています。

 

メンタルを満たしてくれる家

 

むき出しのコンクリートやそのまま塗装された木下地、ステンレスのキッチンなど全ての要素がバランス良く交わるインダストリアルなテイストの住まいに仕上げられたこちらの事例は中古物件の持つ「味」を生かした住まいにリノベーションされています。

 

元々3LDKだった間取りを1LDKにすることで広々としたLDKを実現し、開放感のある空間となっています。

 

まとめ

今回はリノベーションとリフォームの違いについて解説しました。

 

リノベーションとリフォームを同じ意味で考えてしまっている人も多いと思いますが、リノベーションは「一新させて新しい価値を生み出すこと」、リフォームは「劣化した箇所を原状回復させること」を目的としています。

 

デザイン性も高く、間取り変更や設備の追加も自由にできるので、マイホームにこだわりたい方はリフォームではなくリノベーションを選択することをおすすめします。

 

ただし、リノベションは大規模な工事となり高額な費用がかかるケースもあるため、初めてのリノベーションで不安な方は、一度リノベーション会社へ相談してみましょう。

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中