re-proceeddesign.com
2023.9.8

平屋リノベーションのメリットとは?快適に暮らせる平屋にリノベーションするコツや注意点を解説!

近年の一戸建ては2階建てが主流ですが、老後も安心して住み続けられることから、平屋に注目が集まっています。

 

しかし、新築の平屋を建てるには土地探しのハードルが高いため、中古住宅の家を平屋にリノベーションすることをおすすめします。 

 

平屋リノベーションを検討している方は、本記事の情報を参考にしてください。

 

平屋リノベーションのメリット

まずは平屋リノベーションをするメリットについて確認しておきましょう。

 

・自由な間取りで設計できる

・子供を見守りやすくなる

・老後も安心して暮らせる

・屋根裏スペースを活用できる

 

それぞれについて解説していきます。

 

自由な間取りに設計できる

間仕切り壁を取り除いたり、新たに設置することで希望の間取りに変えられるのがリノベーションのメリットですが、壁が建物を支えている構造の場合は壁を取り除くことができません。

 

ですが、平屋は2階部分の負荷がかかっていないので、比較的自由な間取りに設計できるでしょう。

 

家族構成やライフスタイルに合わせて理想の間取り変更したい方は、平屋にリノベーションすることをおすすめします。

 

子供を見守りやすくなる

ワンフロアに家族全員が暮らす平屋は、家族の距離が近い特徴があるので子供を見守りやすく、子育てに適した住まいと言えるでしょう。

 

例えば子供部屋が2階にある場合、1階のキッチンで料理をしていたら、怪我や急な体調の変化に気づくことができません。

 

しかし、平屋なら常に家族が顔を合わせているため、安心して暮らすことができます。

 

老後も安心して暮らせる

平屋はバリアフリー化しやすく、老後もそのまま快適に暮らせるメリットがあります。

 

2階建ての住宅では階段の上り下りが必要になり、階段に登れなくなってしまうと1階での生活が中心となってしまうでしょう。

 

平屋であれば、リビングや寝室、水回りがワンフロアに集まっているため、老後に大規模なバリアフリー化リノベーションをする必要がなくなります。

 

屋根裏のスペースを活用できる

平屋は2階部分が無いため、平屋リノベーションをすることで、屋根裏のスペースを有効に活用できます。

 

例えば、屋根裏スペースに扇風機やストーブなどの一定期間しか使わない家電を収納したり、衣替えした衣類をしまうのに活用できるでしょう。

 

また、ロフトをつくったり、高い吹き抜け空間にするなどの活用方法はさまざまです。

 

快適に暮らせる空間をつくるためにも、平屋リノベーションで屋根裏のスペースを活用しましょう。

 

平屋リノベーションのデメリット

平屋リノベーションをするメリットがある一方で、デメリットもいくつかあります。

 

・平屋に適した物件が見つかりづらい

・プライベートな空間が少なくなる

・動線が長くなることが多い

・防犯対策が必要になる

 

それぞれについて解説していきます。

 

平屋に適した物件が見つかりづらい

中古住宅を購入してリノベーションするのが一般的ですが、日本の中古住宅市場は2階建ての住宅がほとんどです。

 

そのため、平屋に適した物件を見つけるのは難しいでしょう。

 

物件が見つかったとしても、希少性の高さから相場よりも高い価格で販売されている可能性もあります。

 

また、築年数の古い平屋の場合、耐震補強が必要になるため、予算には余裕を持ってリノベーションをしましょう。

 

プライベートな空間が少なくなる

家族との距離感が近いことはメリットである一方、プライベートな空間が少なくなってしまうデメリットがあります。

 

勉強や仕事、趣味に集中したくても、家族の生活音が気になってしまうでしょう。

 

プライベートな空間を確保するためには、個々の部屋との間に収納スペースをつくったり、廊下を挟むようにすることをおすすめします。

 

動線が長くなることが多い

平屋はワンフロアが広いため、間取り設計を工夫しなければ動線が長くなってしまうでしょう。

 

動線が長いと無駄な移動距離が増え、家事の負担が増えてしまうでしょう。

 

日々の生活から動線をイメージし、間取り設計に反映させることが重要です。

 

防犯対策が必要になる

平屋は居住スペースが全て1階に集約されているため窓が多く、床面積が広いことから離れている部屋からは侵入されていることに気づきにくいでしょう。

 

そのため、平屋をリノベーションする際に、空き巣に狙われないよう防犯対策を行うことをおすすめします。

 

また、周囲からの視線が届きやすいため、シャッターや生垣を設置して対策をしましょう。

 

平屋リノベーションの費用相場

平屋リノベーションにかかる費用は、基本的な2階建ての住宅をリノベーションする際にかかる費用とおおよそ同じです。

 

部分的なリノベーションであれば500万〜1,000万円程度が相場ですが、大規模なリノベーションを行う場合は、2,000万円以上かかる可能性もあります。

 

どのようなリノベーションを行うかによって費用は大きく変動するため、予算に合わせてプランを立てましょう。

 

国土交通省が公開している「部位別リフォーム費用一覧」によると、部分的なリノベーションにかかる費用の詳細は以下の通りです。

 

施工内容 費用相場
キッチン交換 80万〜120万円
トイレ交換 20万〜40万円
浴室交換 80万〜120万円
洗面所交換 20万〜50万円
壁紙やフローリングの貼り替え 200万〜300万円
外壁や屋根塗装 80万〜150万円
間取り変更 50万〜200万円

 

物件が見つからない場合は減築工事も考えよう

平屋リノベーションに向いている物件が見つからない場合は減築工事も考えましょう。

 

増築工事は、都市計画法で定められた建ぺい率や容積率の制限を気にしなければなりませんが、減築工事であれば制限はありません。

 

また、2階部分の負担がかからなくなるため、耐震補強工事も必要ないでしょう。

 

減築工事を行う場合にかかる費用は、施工面積1㎡あたり10万〜15万円が相場です。

 

物件探しが順調に進んでいない方は、減築工事も検討してみてはいかがでしょうか。

 

平屋リノベーションの注意点

平屋リノベーションを考えている方は、失敗しないためにも注意点を押さえておきましょう。

 

主な注意点は以下の2つです。

 

・生活動線を考えた間取りにする

・採光を考えて設計する

 

それぞれの注意点について解説していきます。

 

生活動線を考えた間取りにする

平屋は生活空間がワンフロアにまとまっているため、生活動線を考えずに間取り設計をしてしまうと、快適な生活を送ることができません。

 

平屋をリノベーションする際は、家事のしやすさやプライベートな空間の確保を考えて間取りを考えましょう。

 

採光を考えて設計する

平屋をリノベーションする場合は、採光を考えて設計しましょう。

 

2階建ての住宅であれば上階に陽が当たりますが、平屋は周囲の建物の影響で日当たりが悪くなる可能性があります。

 

生活をする上で日当たりは重要なため、物件探しも採光を考えて行うことをおすすめします。

 

まとめ

今回は平屋リノベーションのメリットや失敗しないための注意点について紹介してきました。

 

平屋は家族との距離が近いため子供を見守りやすく、大規模なバリアフリー工事も不要なため老後も安心して暮らせることが大きな魅力です。

 

しかし、平屋リノベーションに適している住宅は市場にあまり流通していないので、2階建て住宅を減築工事することも選択肢の1つとして考えておくと良いでしょう。

 

平屋リノベーションを検討している方は本記事を参考に、リノベーション会社に一度相談してみてはいかがでしょうか。

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中