re-proceeddesign.com
2023.2.13

リノベーションの費用相場はどのくらい?費用を抑えるコツや賢いローンの活用方法を解説!

中古住宅のリノベーションを検討している方にとって、最も気になるのが費用でしょう。

 

デザインや間取りを自分の理想通りに造り替えられるのがリノベーションの魅力ですが、予算には限りがあります。

 

費用相場を把握した上でどのようなリノベーションを行うか決めましょう。

 

今回は「リノベーションにかかる費用はどのくらい?」という疑問をお持ちの方に向けて、費用相場や費用を抑えるコツ、賢いローンの活用方法について紹介していきます。

 

リノベーションにかかる費用相場

まずはリノベーションにかかる費用相場を確認していきましょう。

 

一戸建てとマンションをリノベーションした際にかかる費用をそれぞれ詳しく解説していきます。

 

一戸建てのリノベーションにかかる費用

一戸建てをリノベーションした場合にかかる費用は、一坪あたり20万〜70万円が相場です。

 

そのため、住まい全体をフルリノベーションした場合、総額1,000万円以上かかると考えておくと良いでしょう。

 

一戸建てをフルリノベーションした際の費用相場の内訳は次のとおりです。

 

リビング

リビングのリノベーションで行われる一般的な施工内容は、クロスや床材の張り替えです。

 

また、隣接する空き部屋との壁を取り除き、リビングを拡張する大規模なリノベーションを行う場合もあります。

 

リビングのリノベーションにかかる費用は広さや選んだ素材によって異なりますが、約15万〜150万円を見込んでおくと良いでしょう。

 

クロスの張り替え 約6万〜8万円
床材の張り替え 約10万〜30万円
リビング拡張 約40万〜90万円

 

間取り変更

家族構成やライフスタイルに合わせて空間を仕切る壁を取り除き、間取り変更する事例が増えています。

 

大規模な工事が必要ですが、間取り変更をすることで暮らしやすい住まいを実現することができるので、人気のリノベーションです。

 

元々の間取りからどのくらい変更するかによって総額が変わるため、大胆に間取り変更する場合は200万円以上かかることもあります。

 

間仕切り壁の撤去 約10万〜25万円
間仕切り壁の設置 約10万〜25万円

 

水回り

キッチンやバスルーム、トイレなどの水回り設備は、毎日使用する場所のため劣化しやすいです。

 

また、壁紙や床材、ドアの取り替えなどを行った場合、さらに費用がかかる可能性もあります。

 

水回りのリノベーションにかかる費用は以下の通りです。

 

キッチンの交換 約50万〜100万円
ユニットバスの交換 約50万〜150万円
トイレの交換 約15万〜50万円
洗面所の交換 約10万〜50万円

 

外壁や屋根の塗装

一戸建てをリノベーションする場合は、内装だけでなく外壁や屋根など建物の外側もリノベーションの対象です。

 

外壁や屋根は外部からの影響を直接受けるため劣化しやすく、定期的なメンテナンスを行いましょう。

 

外壁塗装 約80万〜140万円
屋根塗装 約25万〜65万円

 

マンションのリノベーションにかかる費用

ファミリータイプとして一般的な大きさである3LDKのマンションをリノベーションした場合の費用相場は100万〜500万円です。

 

また、間取り変更など元々の住まいを大幅に変更する場合、1,000万円以上の費用がかかるでしょう。

 

内装

内装変更 80万~150万円
間取り変更 500万~1,400万円

 

キッチン

キッチン本体の交換 50万~300万円
付属品の交換 5万~30万円

 

トイレのリノベーション費用相場

便器本体の交換 15万~
壁紙や床材の交換 10万~30万円

 

浴室のリノベーション費用相場

ユニットバス本体の交換 50万~80万円
ユニットバス本体の補修 30万~60万円
浴室の補修 20万円~
浴室の交換 100万円~

 

洗面所のリノベーション費用相場

洗面台本体の交換 10万~30万円
グレードアップやオプション追加 50万~100万円

 

リノベーション費用を抑えるコツ

リノベーションにかかる費用について紹介してきましたが、ここからはリノベーション費用を抑えるコツを解説します。

 

①現状の間取りをそのまま活かす

家族構成やライフプランに合わせた間取り変更はリノベーションの醍醐味ですが、間取り変更は大規模な工事が必要なため、費用が高額になります。

 

リノベーション費用を抑えたい方は、現状の間取りをできる限りそのまま活かしましょう。

 

中古住宅を購入してリノベーションする場合、あらかじめ納得のいく間取りの物件を探すことをおすすめします。

 

②工事をまとめて行う

複数回に分けて工事をすることで1回あたりの費用は抑えることができますが、工事の回数だけ諸経費がかかってしまうため、費用の総額は高くなってしまいます。

 

また、部分的なリノベーションを行うことで、素材の質感が微妙に違ってしまい、部屋の統一感がなくなってしまうでしょう。

 

リノベーション費用を抑えたい方は、できるだけ一度の工事でまとめてリノベーションしましょう。

 

③設備のグレードを下げる

新しい設備を取り付ける場合、グレードの高い設備を選んでしまいたくなりますが、その分費用は高くなってしまいます。

 

設備のグレードにはこだわり過ぎず、必要な機能が備わっている最低限の設備を選びましょう。

 

④相見積もりをとって複数の会社を比較する

リノベーションにかかる費用は、同じ施工内容だとしても依頼する会社によって異なります。

 

少しでも安い金額でリノベーションしてくれる会社を見つけるためには、複数の会社に見積もりをもらい目安として比較しましょう。

 

ただし、費用が安いことには何かしら理由があります。

 

手抜き工事を行っていたり、追加費用を請求してくる悪徳業者も存在するため、適正価格から明らかに安い金額を提示してきた会社には依頼しないことをおすすめします。

 

⑤ワンストップで対応してくれるリノベーション会社を選ぶ

リノベーション会社の中には、工程ごとに下請け業者へ委託する会社とワンストップで全てを対応してくれる会社があります。

 

ワンストップで対応してくれる会社は、相談回数も多く依頼者の希望通りのリノベーションを実現してくれる可能性が高いです。

 

補助金・減税制度を活用する

リノベーション費用を抑えたい方は、国や各自治体が行っている補助金や減税制度を利用しましょう。

 

補助金や減税制度を利用するためには、省エネなど住宅性能を向上させる工事や子育て・バリアフリーなどライフスタイルに合わせた暮らしやすい家づくりなどの対象となるリノベーションを行う必要があります。

 

ただし、予算の上限に達し次第締め切りとなってしまうため、補助金や減税制度を利用したい方は、早めにリノベーションを行いましょう。

 

ローンを賢く活用してリノベーションしよう

リノベーションにかかる費用は、面積や規模、施工内容や素材・設備のグレードによって大きく異なります。

 

リノベーションに使えるローンの種類は、「住宅ローン」と「リフォームローン」の主に2つです。

 

住宅ローンは金利の低さや返済期間の長さが利用するメリットですが、住宅の購入と同時にリノベーションする場合にしか利用できません。

 

一方、リフォームローンは、住宅ローンと比べて金利は高く、返済期間も短いですが、比較的審査が通りやすく、リノベーションで一般的に利用されるローンです。

 

ローンで借り入れる金額やリノベーションの内容によって適したローンを活用しましょう。

 

まとめ

今回はリノベーションにかかる費用や費用を抑えるコツやポイント、賢いローンの使い方を解説してきました。

 

理想の住まいを実現するためにもこだわりを詰め込みたくなりますが、予算には限りがあるため、予算内でプランを決めなければなりません。

 

費用を抑えてリノベーションをしたい方は、補助金や減税制度も活用しながら、資金計画を立ててください。

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
092-791-4080
営業時間10:00~18:00
定休日/水曜日
質問・来店予約・資料請求
お問合せ/資料請求/イベント予約
来店予約/オンライン相談
24時間受付中