re-proceeddesign.com

Worksリノベーション事例

お客様のご要望はずばり、ロボット掃除機が掃除しやすい住まい。

 

段差のない室内で、銀座の “MUJI HOTEL” をテーマにシンプルで素材感あふれる空間を実現しました。

 

 

< Photo Gallery >

 

 

壁や棚といった立体構造ではなく、床材の色でゾーンニング。

上の写真ではリビングとダイニングを「グレー」と「木目」の床材で間仕切っています。

このリノベ技で、広々とした雰囲気は残しつつもメリハリのある空間へ。

 

 

ダイニングテーブルからみたカウンターキッチン

カウンターにコンセントを設置することで、ワークスペースとしても活用できます。

 

 

キッチンのレンジフードは、自動で洗浄してくれるこだわりの設備。

 

魅せる収納で人気のアイアンフレームのオープン収納棚を採用。

おしゃれな洋酒の瓶を飾ったり、お気に入りのお皿を並べたり。

 

 

最初にご説明した「床材でのゾーニング」

キッチンの端と床材の境目をそろえることで、ラインをきれいにみせることができます。

 

 

ゆったりくつろぐリビングエリア。

こだわりのスピーカーや、友人と楽しむゲームを収納できるように造作棚を作りました。

 

億の寝室との間にあえてドアは設けず、開放感を演出しました。

 

 

この四角い穴が、テレビの配線を見せないための工夫。

生活感がでやすい配線は、通る場所をつくってあげることで、すっきりとした印象になります。

 

 

 

寝室は白を基調としたシンプルなお部屋へ。

テレビ棚の裏は収納スペースにすることで、空間の有効活用ができます。

 

 

やっぱり、寝室からダイレクトにアクセスできるWIC(ウォークインクローゼット)はプロシードデザインのリノベーションで大人気。

WICはさらに土間玄関へと続き、生活動線も整理されて、外出時にバタバタすることはありません。

 

 

 

寝室からWICへのアクセス

 

 

 

土間玄関には、緩やかな傾斜が。

 

ロボット掃除機が行き来できる様、土間部分は一部スロープになっています。

WICからやってきたロボット掃除機が段差につまずくことなく、土間玄関を掃除することができますよ。

 

 

ガラスのハイドアは、スタイリッシュな見た目で人気のあるサンワカンパニーの「クアドロスリム」

バルコニーからの光を玄関にも届けます。

 

 

玄関から洗面エリアを通って、キッチンへ続く回遊動線もこだわりポイント。

水回りが一カ所にまとまっていると圧倒的に時短です。

 

 

 

 

施工前のBefore写真

 

 

施工前のBefore写真

 

 

 

DATA
広さ
約62.45㎡
間取り
2LDK + WIC → 1LDK + WIC
築年数
築38年
構造
鉄筋コンクリート(RC)造
工事内容
フルリノベーション
リノベ費用
~1,000万円
設計期間
3ヶ月
工事期間
2.5ヶ月
エリア
福岡県 福岡市
居住者構成
一人暮らし
スペース
リビング・ダイニング、キッチン、玄関、洗面、収納
テイスト
ナチュラル、カフェ風、北欧

ご質問・お問い合わせ、資料請求、来店予約は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡下さい。